コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
会議後のサポーターの思い その1
◇田部井 進吾(秋田大学)


お疲れ様です。秋田大学のサポーターの田部井です。たぶん誰かわかんないと思いますが、懇親会の二次会の締めの挨拶をさせて頂いた田部井です。あの時は学生ノリですいませんでした。

 

「サポーターの思いシリーズ」と題しまして、書かせて頂きますが、正直私はサポーターとしてほぼ何もしていません。ただ早く行ってちょっと誘導等をしていただけです。

ただ、にわかサポーターとして感じたことは、このコクダイパンを実行するために実行委員会の方やサポーターの方々がものすごく頑張っていたということです。正直あそこまで年密で計算された会議にするには相当な努力と勇気と希望があったことでしょう。その甲斐あってとても充実した会議をすることができました。この場を借りてお礼させていただきます。みなさん本当に有り難うございました。

 

初めてコクダイパン会議に参加させて頂いた感想としては、本当にみなさんすごい人ばかりでビックリしました。同時に全国にこんなに心強い仲間がいるのだと、すこし強気にもなりました。

この度コクダイパンで得た知識・経験は私の大学職員としての心臓となるでしょう。心臓って意味わかりませんね、とりあえず重要なものになるということです。

 特に、全国に大学職員の知り合いが増えたことが1番大きいです。それぞれが相互に連携して大学を盛り上げていくことが今後の大学職員の重要な部分ですよね。採用1年目の私は良くわかりませんがそんな気がしました。今後はコクダイパンで得たネットワーク活用して秋田大学をめっちゃ盛り上げます、ちょりーっす。

 

本当に今回のコクダイパンは楽しく有意義なものでした。次回ももちろん参加するつもりです。そしてもしチャンスがあれば実行委員にもチャレンジしてみたいですね。大変だと思いますが得るものも多いと思います。「no pain no gain」。私の座右の銘で「苦労なくして得るものなし」という意味です。

みなさんそれぞれ今回の会議に参加して得たものを活かして共に国立大学を盛り上げて行きましょう!

それではみなさんまたいつか会う日までお元気で〜。

______________________________

 

◇吉田 富嗣(弘前大学)

 

お世話になっております。今回2回目の参加となりました弘前大学の吉田です。

まずは改めましててコクダイパン会議お疲れ様でした。

 

 私はというと、サポーターを拝命したにも関わらず事前準備も出来ず、分科会2でファシリテーターの役を預かったにも関わらず、つたない進行で皆さまにも大変ご迷惑をお掛けしました。いま思い返してみても、つくづく反省点しか浮かんできませんが、しかしながら皆さんの闊達な議論に大いに刺激を受けさせていただききました。

 

 東北を訪ねる機会があまりなかった方もいらっしゃったかと思いますが、期待に反して(?)今年は9月に入っても全く暑さが引かない逆境の中、それをはね除けるかのような皆さんの熱いエネルギーに正直圧倒されっぱなしの2日間でしたが、個人的にも色々と考えさせられたことも多く、枯れかけていた私の潜在性と可能性もぼつぼつ掘り返していこうかと思っている今日この頃です。皆さんは今回のコクダイパン会議でどんな感想や気づきを得られましたでしょうか。日々の業務にどう生かしていけるのかが肝要なのだと思います。

 

 さて、この場を借りてお詫びしたいのですが、気張って作りました私の名刺ですが、誠に恥ずかしながらアドレスが微妙に間違ったものをお渡ししておりました。

 名刺交換頂いた方には大変失礼な話でございますが、こんな適当な人間でも何とか生きていけるということで、他山の石になんとかご容赦頂きたく存じます。

 

 青森は早くも朝晩冷え込んで来ましたが、まだあのコクダイパン会議のことが昨日のように思い出されます。またどこかでお会いした際はよろしくお願いいたします。改めまして、この度は皆さまありがとうございました。

| kokudaipann | サポーターズサイド | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
サポーターの思い
 みなさんこんにちは。

今回サポーターを務めさせていただきます、宮城教育大学の阿部真己です。

本ブログには、開催地紹介に続いて2度目の登場です。

どうぞよろしくお願いします。

 

さて、今回宮教大でコクダイパンを開催することになり、参加者名簿にも書きましたが、本当に光栄に思っています。

今回の会議にあたって、私には個人的な2つの「願い」があります。

 

1つ目は、「何か1つでもいいので、明日につながる収穫を得て帰ってほしい」です。

 

私は平成21年の神戸、23年の名古屋と過去2回コクダイパンに参加させていただきました。

どちらもたくさんの「気づき」に溢れていましたし、たくさんの仲間と出会うことでだいぶモチベーションも高まったように思います。

これは普段、学校の中で日常業務を淡々とこなしているだけじゃ絶対に得られないことです。

ある意味コクダイパンは、2日間非日常的な空間に身を置く経験が出来るまたと無いチャンスなのかなと。

そしてこの「非日常的」な空間の中から、「日常」に役立つものを1つでも持ち帰ることが出来れば、自分の中では大成功!と言えるんじゃないかなと思います。

 

もちろんそれは受動的な姿勢では得ることは難しいと思います。

たくさんの人と自発的、能動的に関わってこそ、大きな収穫が得られるのではないでしょうか。

私たちサポーターは、そんな頑張る皆さんを全力でサポートします!

 

2つ目は、「宮教大のこと、そして宮城・仙台のことを知ってほしい」です。

 

これまでコクダイパンは京都大、東京大、神戸大、金沢大、名古屋大と、名だたる大学で開催されてきました。

それに比べて宮教大は組織の規模、知名度、予算などなど、比べ物にならないくらい小さい大学です。

しかし、「小さいからこそ良いこと」もたくさんあって、そこが宮教大の売りであり魅力だなと思っていますし、そんな宮教大が私は大好きです。

当日は「小規模の単科大学ゆえの魅力」を存分に味わって下さい!

 

そして、宮城、仙台のこと。

最近の新聞やテレビの報道を見る限りでは、何となくですけど、もう震災復興はだいぶ進んでるかのような印象を受けます。

おそらく皆さんが当日仙台駅に降り立ったら、「本当に震災があったの??」というくらいごくごく日常的な街並みを目にすることと思います。

しかし、沿岸地域ではがれき処理の問題や、福島では放射能の問題など、被災した人のほとんどは現在進行形で苦しい生活を送っています。

是非そういった事実に目を向けていただければと思います。

(飛行機で来られる方がいましたら、アクセス線乗る前に仙台空港の周りを歩いてみてください)

なお、当日は情報交換会の時に震災関連のパネル展示を行う予定です。そちらも是非ご覧下さい。

 

さて、コクダイパンまであと1週間を切りました。

参加される皆様はくれぐれも体調管理にご注意下さい!

そして、先ほども申し上げたとおり、私たちサポーターは参加者の皆さんが楽しく快適に会議に参加できるよう、全力で応援します。

なので、当日は気軽に声掛けて下さいね!


=第6回コクダイパン会議まで あと 4 日!

| kokudaipann | サポーターズサイド | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
サポーターの思い
 

みなさん、こんにちは!

今回、サポーターを務めさせていただきます、宮城教育大学の中嶋恵里(なかじまえり)です。

 

いよいよコクダイパン当日まで1週間をきりましたね。

仙台はようやく最高気温が30℃を下回るようになって、朝夕はだいぶ過ごしやすくなってきました。

週末には日中との温度差が徐々に大きくなってきますので、羽織りものが1枚あるといいかもしれません。←お天気おねえさん風(笑)

サポーターの私たちも、コクダイパン会議当日に向けて急ピッチで準備を進めているところです!

 

さて、私は一昨年、宮城教育大学を卒業するとともに本学に採用され、現在採用2年目になります。

昨年初めて参加した、名古屋大学でのコクダイパン会議でのことは今でも鮮明に覚えています。

その頃の私は、「日々、目の前の仕事を1つ1つこなしていくこと」が精いっぱいで、私自身そこまでが自分の限界だと思っていました。

しかし、コクダイパン会議の話し合いの中で、多くの一般職員が5年後、10年後の大学像、また職員像をイメージして、「自分の大学が将来どうあるべきか」、「そのために自分はどんな職員であるべきか」についての「熱い思い」を持っていることを知りました。また、日常業務においても、イメージに近づくために意識して行動に移していることを知り大きな衝撃を受けました。

 

「目の前の仕事しか見えていない自分」にふがいなさを感じましたが、それと同時に、「何年か後の大学、自分をイメージし、それに近づくための行動に移せる大学職員」に私もなりたい!という思いにさせられました。

そのために、まず自分がやるべきことは、以前のように自分の限界を自分で決めつけず、今までより少し広い視野をもって仕事をすることだと思いました。

1年経った今、1年前に思ったことをそのまま実行できているとは言えませんが、意識して業務に取り組むようにしています。

 

このように、コクダイパン会議は、新たな「気づき」を発見できる場所ではないかと思います。

今年も、みなさんと様々な話し合いをする中で、成長につながる「気づき」を発見できることを楽しみにしています。

また、参加されるみなさんにとっても、そのような有意義な会議になればいいなと思っています。

 

 

当日みなさまにお会いできるのを楽しみにしています!

それでは宮城教育大学でお会いしましょう♪


=第6回コクダイパン会議まで あと 6 日!=

| kokudaipann | サポーターズサイド | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
サポーターの思い

コクダイパンblogを御覧のみなさま,はじめまして。

このたび第6回コクダイパン会議のサポーターを務めます,宮城教育大学入試課の伊藤と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

実は。

コクダイパン会議への参加は初めてです。ドキドキ。

人見知りが激しく,緊張しいの私が,みなさまと仲良くなれるのか?うまく話せるのか?会議のスムーズな運営に役立つのか?いまから非常に不安でございます・・・

 

さて。

国立大学法人一般職員のお仕事。

それぞれの大学,部署,立場・・・によっていろいろ変わってきます。

でも,異動があったらその仕事をなるべく早く,きちんとこなせるようにならなければなりません。

しかも,立場の高さと仕事を覚えなければならない早さは比例する,と私は思っています。

 

ですので。

コクダイパン会議で,大学,部署,立場・・・の垣根を超えて行われる意見交換や議論は,「現在」だけではなく,「今後」にとって有意義なものとなると信じてやみません。

 

それでは。

サポーターとして,快適な環境を御用意できるよう,帰り際に参加者のみなさまが「参加してよかった!」と言っていただけるよう,歯車の一部として,微力ながら精一杯お手伝いさせていただきますので,よろしくお願いいたします。

 

最後に。

「宮城教育大学っていいね!」と言っていただけると,うれしいです。

=第6回コクダイパン会議まで あと 9 日!=

| kokudaipann | サポーターズサイド | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
開催地紹介! その3

コクダイパンブログをご覧のみなさま、お初にお目にかかります(実際にお目にかかるのはだいぶ先ですが)。宮城教育大学の渡邊博史(わたなべひろし)と申します。今回のコクダイパンでは、サポーターという形で関わらせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 さて、短期集中連載「開催地紹介@宮城」ですが、ラスト3回目は、「宮教大の概要・取組み」です。

;´Д`)・・・。

なぜラストが最も魅力のないテーマなんだと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、筆者が一番それを感じておりますので、ご理解いただき、ご一読いただければ幸いです。

 

(1)宮教大ってどこにあるの?

 簡単に言えば、山の上です。むしろ、これ以外の言い方がない、といった方が正しいですね。仙台市中心部からほど近い場所にそびえる青葉山、その頂上に、世界的に有名な東北大学さんの工学部があり、その隣に東北地方ではそこそこ有名な、今回の会場、宮城教育大学があります。仙台駅からはバスで約20分なので、アクセスが良いと感じるか悪いと感じるかは人それぞれですかね。ちなみに、最寄りのコンビニまでは1劼曚匹△蠅泙垢里如駅前で買い物を済ませてからお越しになることをお勧めします。

 

 

(2)宮教大ってどんな大学?

 名前のとおり、教員養成単科大学ですね。学部は、免許状の取得が卒業要件となっていないいわゆる「0免課程」が以前はありましたが、平成19年度から0免課程を廃止し、教員養成に一本化しました。現在は、「初等教育教員養成課程」「中等教育教員養成課程」「特別支援教育教員養成課程」の3課程で構成されています。中でも、本学の特別支援教育教員養成課程では、東北地方で唯一、特別支援学校教諭免許状の5領域全てを取得することが可能です。

 大学院は修士課程2専攻、専門職学位課程1専攻(教職大学院)で構成されています。昨今の教員養成大学の役割として、養成段階だけでなく、現職教育にも力を入れることが求められていますので、本学の教職大学院でも例にもれず、現職教育に力を入れています。

 学生数は、教員養成単科大学ですので、それほど多くありません(他地域には大規模な教員養成単科大学さんもありますが・・・)。学部定員が345名、大学院定員が57名ですので、4学年で約1,600名になります。男女比は、男:女=4:6で、専攻・コースによっては、同学年に男子1名、女子20名といった、羨ましい構成もあります。

 といったことが、本学HPに掲載されている「宮城教育大学概要」に記載されておりますので、より詳しく知りたいという方は、そちらをご覧ください。

   http://www.miyakyo-u.ac.jp/about/publicity/ct3_5.html

 

(3)宮教大の特徴的な取組みは?

ゞ軌乕興支援センター

 2011年3月11日の東日本大震災で甚大な被害を被った宮城県の教育の復興に向け、県内の児童生徒の確かな学力の定着・向上及び現職教員の支援を目的に活動しています。主な活動内容は、学習支援ボランティアの派遣などです。本学だけでなく、全国の大学からボランティア学生が集まり、本学教育復興支援センターのもと、被災地の学校支援を行っています。

   http://fukkou.miyakyo-u.ac.jp/

 

⊂学校英語教育研究センター

 小学校外国語活動の必修化に伴い、本学では全国に先駆けて同センターを立ち上げました。学校現場の多様な支援・研修の要請・要望に応えると同時に、活動実践の研究開発や理論的研究、バイリンガル教育等との研究交流などを行っています。

   http://pseec.miyakyo-u.ac.jp/

 

C楼莵弩ァ社会貢献

 大学である以上、地域に貢献する活動を行うのは当然、ということで、本学でも、各種セミナーや公開講座、仙台市天文台や八木山動物公園との連携事業など、多種多様な事業を展開しております。個人的には、大学の規模の割にはかなり手広く活動していると感じています。

とまぁ、かたい内容を書き続けても面白くないので、より詳しく知りたいという方は、やはり本学HPの「宮城教育大学概要」をご覧ください。

   http://www.miyakyo-u.ac.jp/about/publicity/ct3_5.html

 

(4)宮教大ってなにがいるの?(←項目としておかしいですね。)

.筌(動物界脊索動物門哺乳網ウシ目ウシ科ヤギ属)

 そのままですが、ヤギがいます。さほど珍しくもないですかね。本学教員の研究活動の一環として飼育されているものです。最初は2頭でしたが、筆者も知らないうちに5頭になっていたようです。昼時には、学内を散歩しながら草を貪っている姿がよく見かけられます。ヒツジと近しい動物だけに、ジンギスカンの匂いがします。皆さんがいらっしゃる時には散歩はできませんが、学内のヤギ小屋にいけばふれ合えるかもしれませんね。

 

 

 

▲優魁米以界脊索動物門脊索動物亜門哺乳網ネコ目ネコ亜目ネコ科ネコ亜科ネコ属)

 そのままですが、ネコがいます。さほど珍しくもないですかね。本学教員の研究活動の一環として飼育されているものではありません。勝手にキャンパス内に住み着いているんですねぇ。その数は、50とも100とも言われていますが、正確には把握できていません。学内を歩けば、そのうち出会えると思います。

 

 

 以上、宮教大の概要・取組みについてご紹介させていただきました。ここまでお読みいただいた方ならお分かりかと思いますが、だいぶ適当な(ちょうどいいという意味で)ご紹介ですので、実際に本学へ来られて、大学の雰囲気等々を肌で感じていただければと思います。あ、空気がうまいのは保証しますよ。

 それでは、短期集中連載「開催地紹介@宮城」にお付き合いいただき、ありがとうございました。全3回の記載内容等に質問等がある場合は、1回目を記載した阿部真己まで!

 

=第6回コクダイパン会議まで あと 51 日!=

 

| kokudaipann | サポーターズサイド | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
開催地紹介! その2

 

 

皆様こんにちは。

第6回コクダイパン会議のサポーターをさせて頂きます、
宮城教育大学の大坊です。

 

さて、今回は仙台在住でありながら仙台観光大好きな私より、
仙台周辺の観光情報について、比較的気軽にできる、
仙台市街観光と松島観光に的を絞って、非常〜にざっくりと、
さらりとご紹介します。肩の力を抜いてご覧ください。

 

一、仙台市街地観光

 

さて、仙台市街観光においてぜひ利用をお勧めしたいのが
「る〜ぷる仙台」。

http://www.kotsu.city.sendai.jp/bus/loople/index.html

主な観光スポットを約一時間〜一時間半で廻る、循環バスです。

運転手さんによっては面白おかしく、
しかしためになるガイドをしてくださる方も!

一日乗車券は600円、仙台駅西口バスプールや市内の主な
宿泊施設で購入できます。

割引等が受けられる施設もありますので、
持っていて損はないですよ。

 

それでは、仙台駅からバスに乗ったと仮定して、バスの停留所に則しておすすめスポットをご紹介いたします。

 

    瑞鳳殿

http://www.zuihoden.com/

急な坂道と階段を上った先にあるのが、
 仙台藩祖伊達政宗公の霊廟である瑞鳳殿です。

 墓とは思えないほど派手、派手、ひたすら派手です。
     一見の価値ありかと。

   こちらの入場料は、る〜ぷる仙台一日乗車券提示で割引になります。

  

  余談ですが、バス停近くの甘味処「ぽぷら」
    のスイートポテトは絶品ですよ。

  休日・祝日限定で「ずんだスイートポテト」なる限定商品も
    ありますので、来仙記念
にトライしてみてはいかがでしょう?

 

    仙台城跡

仙台といえば、これ。

今回のコクダイパンでもシルエットを拝借している、
伊達政宗公騎馬像が鎮座しているのがこの場所です。
仙台市街が気持ちいいほどに一望できます。
天気が良ければ海が見えちゃいます。

運が良ければ「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」
に会えるかもしれないそうです(私は会ったことがないのですが…)。

しかしご注意を。7月末現在、東北地方太平洋沖地震による
石垣等崩落修繕工事が行われている関係で、
バスが仙台城跡入口まで行くことができないのです。

 臨時バス停から城跡までは少々坂道を上ることに
    なりますので、ご容赦ください!

 

   せんだいメディアテーク〜定禅寺通

http://www.smt.city.sendai.jp/

建築家 伊東豊雄さんの代表作として有名な、
総合文化複合施設です。
ガラス張りの屋内にいるだけで、
現代美術館に来たような気分になる、とてもお洒落な建物です。

ミュージアムショップ「KANEIRI Museum Shop 6
は一風変わった東北みやげをお探しの方は、
覗いてみるのも楽しいですよ。

 

そして、なんといっても「杜の都」仙台を象徴するのが、
せんだいメディアテークのある定禅寺通です。

市街地のど真ん中とは思えない、巨大なけやき並木が
つくる木陰の美しさを、ぜひ堪能
してください。
シャッターチャンスは人混みの少ない早朝〜11時頃です。

 

 

他にも国宝指定を受けている本殿がある「大崎八幡宮」などもバスのコースにありますよ。

余裕があればぜひ。る〜ぷる仙台一日乗車券提示で絵葉書セットが貰えます。旅の土産をちゃっかり無料でゲットしたい方には良いかも?!

 

 

 

二、松島観光

 

前日入り等でお時間のある方に、ぜひおすすめしたいのが松島。
日本三景の一つである著名な観光地です。

仙台駅からは在来線(仙石線)にのんびり揺られて
松島海岸駅で下車。大体40分程度です。

松島は津波の被害も他の沿岸部に比べ小さく、
観光する上での不便はほとんどありませんのでその点はご安心を。

 

 

   瑞巌寺

http://www.zuiganji.or.jp/

松島といえば、このずばりこのお寺です。

伊達政宗公によって再興された伊達家の菩提寺であり、
本堂などが国宝に指定されています。
が、現在この肝心の本堂が修復工事中のため
(平成303月頃まで)見ることができません。
そのかわり現在は、こちらも国宝で、通常時非公開の庫裡や、
政宗公の位牌等をみることができます。

 

瑞巌寺以外にも、松島は仏閣が多いので散策をお勧めします。

庭園が美しい円通院や、秀吉公より拝領した
伊達家の茶室観瀾亭などもお勧め。

http://www.entuuin.or.jp/(リンク先は円通院のHPになります)

どちらも駅から歩いて10分以内です。

 

   遊覧船にて島めぐり

http://www.matsushima.or.jp/

せっかく松島にきたのだから、
お寺もいいけど島をじっくり拝見したい、という方はぜひご利用を。

 遊覧船乗り場は、松島海岸駅からもほど近いところにあります。
 コースも豊富ですよ。

スケジュールに合わせて選択するものいいと思います。
 お値段は1,400円前後です。

 なお、うみねこへの餌付けをする場合はくれぐれも慎重に…。

 

 また余談ですが、松島でぜひトライしていただきたいのが
パンセ松島店の「かきカレーパン」。カキがごろっと入ってます。
お値段も観光地としては比較的お手軽なので、
観光のお供には良いと思いますよ。

 

 

 早足になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

 実は、これ以外にも行ってほしい場所が色々とあるのですが、
 どうしてもお勧めしたい
&気軽に楽しんで頂きたい場所を
 抜粋して紹介させていただきました。

 仙台・宮城は本当に素敵なところばかりなので、
ぜひ訪れて実際に素晴らしさを体感頂けたら嬉しいです。

 

 それでは皆様、仙台でお会いできるのを楽しみにしております!

 

 =第6回コクダイパン会議まで あと 52 日!=

 
| kokudaipann | サポーターズサイド | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
開催地紹介! その1

コクダイパンブログをご覧の皆さま、こんにちは。宮城教育大学(仙台高等専門学校出向中)の阿部真己と申します。第6回コクダイパンでは、サポーターを務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いします!

 さて、今回から3回にわたって、開催地である宮城県の魅力をたっぷりと紹介していきます!1回目は「グルメ・ショッピング」を紹介しながら、いわゆる仙台の「街」を紹介していきたいと思います。

 



 これが仙台の街の地図です。まず3本の線が見えると思いますが、南から順に青葉通(青)、広瀬通()、定禅寺通()です。それから、紫色の点線がいわゆる「アーケード街」になります。仙台でお買い物をする場合は、仙台駅前とこれらの通りを押さえておけばまず間違いありません!宿泊先選びも同様です。

 また、地図中の番号は、宮教大から仙台駅前行きバスに乗った場合の降車場を表しています(・・・仙台駅前、・・・青葉通一番町、・・・晩翠草堂前、・・・大町西公園前)。是非参考にして下さい。

 そしてそして、青緑色で囲った界隈、これが皆さんの大好きな(?)歓楽街、国分町です!仙台で飲み会を開催すると言えば、だいたい仙台駅前かこの国分町になります。

 

 それでは、私が独断と偏見で選んだショッピング&グルメスポットをご紹介していきましょう!

 

ショッピング編

 

(1)エスパル http://www.s-pal.jp/sendai/

 仙台駅の南側に隣接したデパートです!地下には仙台の名産品を扱うお店が立ち並び、オーソドックスなお土産はここで全て揃ってしまいます。1〜3階は主にファッションのお店が入っています。個人的には、3階の一角にある駄菓子屋さんがツボです(^^)ちなみに仙台駅の北側にはエスパルがあり、こちらはよりセレブな方々向けのお店が入っています。

 

(2)パルコ http://www.parco-sendai.com/page/

 大型デパートとして全国区のパルコが仙台に出来たのは4年前。仙台駅の北側にオープンしました。まだ比較的新しい中でたくさんのファッションを扱うお店が入っています!8階の「サッカーショップKAMO」ではJリーグをはじめとするさまざまなチームのレプリカユニフォームが手に入ります。

 

(3)AER(アエル) http://www.sendai-aer.com/

 パルコの北隣にあるオフィスビル、AER。その1〜4階までにお店が入っています。1階の「丸善」で本を眺めるもよし、お子さんのいらっしゃる方は(そうでない方も)3階の「ポケモンセンタートウホク」でグッズを買うもよし!歩きつかれたら2階のスタバでホッと一息。

 

(4)EBeanS(イービーンズ) http://e-bf.jp/e_beans/

 仙台駅の南西にあるファッションビル。震災の影響で一度取り壊しになりましたが、見事復活。ファッションだけじゃなく、東北最大級の広さを誇る「ジュンク堂書店仙台本店」や、漫画本の品揃えでは他の追随を許さない「喜久屋書店漫画館」、困ったときの100円ショップなどがあります。4階「杜のガーデンテラス」では、たびたび音楽ライブなどのイベントが開催されます。お米好きな方は3階「ザ・おにぎり・カフェ」へどうぞ!

 

 

(5)フォーラス http://www.forus.co.jp/sendai/

 アーケード街と広瀬通の交差するところに建つファッションビル。地下1階から8階まで、様々なジャンルのお店が並んでいます!バーゲンが開催されるときには朝早くから行列が出来ます。(バーゲンに合わせて休みを取る人もいるとかいないとか・・・)ちなみにここの地下2階には「北京餃子」という中華料理のお店があります。とにかくいろいろ凄いお店なので、時間のある方は是非行ってみて下さい。(しっかり空腹にして行った方がいいです。)

 

(6)三越 http://sendai.mitsukoshi.co.jp/

 言わずと知れた全国区の老舗デパート。定禅寺通沿いにあります。

 ここで是非訪れて欲しいのが定禅寺通り館地下2階の「ヤマト屋書店」。実はこの書店、本店が石巻市にあるのですが、東日本大震災による津波で石巻の2店舗が閉鎖に追い込まれてしまいました。そんな中、仙台三越が被災地企業との連携を深めるべく、その一環としてヤマト屋書店を誘致したのです。復興にかける思いを、是非本を通して感じ取ってみて下さい。

 

 今紹介したデパートの他にも、仙台駅前から定禅寺通へと続くアーケード街には様々なお店が立ち並びます!是非端から端まで散策してみて下さい。

 

 

グルメ編

 

 まず仙台に来たなら、牛タンは外せないですね!牛タン焼き、麦飯、テールスープの組み合わせが定番です。(美味しい地酒を出す店も多い。)少しだけお店を紹介します。

 

・元祖 味太助 http://www.aji-tasuke.co.jp/

 仙台牛タン発祥のお店です。創業当時の伝統を今も守り続けている老舗。

 

・利休 http://www.rikyu-gyutan.co.jp/

 市内各所に支店を持つ有名店。「ここの牛タンを食べておけばとりあえず間違いはない!」系のお店です。タン焼きは厚め。

 

・青葉亭 http://www.aobatei.jp/

 ここは牛タン焼きの他に、牛タンステーキや牛タンカレーなど、ちょっと違ったメニューがあります。

 

 他にもたくさんの牛タン屋があります!時間があまり取れない方は、仙台駅3階の「牛タン通り」に有名どころのお店は揃っていますので、そちらで召し上がるのもいいかもしれません。ちなみに同じ場所に「すし通り」もあります。迷ってしまいますね!

 

 また、「食材王国みやぎ」を名乗るだけあって、仙台には牛タンだけでなく様々な美味しいものがあります!その全てを紹介することは出来ませんが、少しでも皆さんに情報をお届けしたいと思います。

 

・味よし 仙台駅前分店 http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4001156/dtlmap/

 一般的に「仙台ラーメン」と言うと、ここ「味よし」の辛味噌ラーメンを指すことが多いです(おそらく仙台の特産物の一つに「仙台味噌」があることから)。EBeanS隣のビルの地下にお店があります。

 

・北京料理 龍亭 http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000056/

 実は冷やし中華発祥の地、仙台。中でも最初に冷やし中華を考案したのがこのお店だそうです。

 

・小判寿司 http://www.koban-sen.jp/

 三陸の新鮮な魚と宮城県産ササニシキを使うなど、地元の食材にとことんこだわったお店です。極上の握りを、是非地酒といっしょにどうぞ。

 

・お茶の井ヶ田 一番町本店 
 http://www.ocha-igeta.co.jp/shop/ichibancho.html

 抹茶ソフトクリームや、それに仙台の名物「ずんだ餅」を2個もトッピングしたプチずんたパフェなど、和風のスイーツを味わうならここ!大福の中に抹茶クリームの入った「喜久福」や、どら焼きの中にこれまた抹茶クリームの入った「どら茶ん」などもオススメ。エスパルの地下にもお店があります。

 

・阿部蒲鉾店 本店 http://www.abekama.co.jp/company/stores.html

 宮城の名産品としてよくお土産にも選ばれる笹かまぼこですが、その蒲鉾店の一つ「阿部蒲鉾店」本店で販売されている「ひょうたん揚げ」をオススメします。サックサクの生地とふわふわのかまぼこの絶妙なハーモニーを味わってみて下さい!また、自分で笹かまを焼いて食べられる「手焼き笹かま体験」もやっているようです(予約不要!)。お店はアーケード街の中にあります!

 

・仙台駅1階 「食材王国みやぎ」 http://web.jrstamp.com/shopinfo/shop/detail/?id=5

 駅のお土産屋さんのひとつ。地酒や海の幸・山の幸をたくさん取り揃えています。ここでオススメしたいのが、宮城県大崎市岩出山で作られた「手造りの梅干」。この梅干、今まで私が食べた中で一番美味しいです。

 

book cafe 火星の庭 http://www.kaseinoniwa.com/

 「グルメ」とはちょっと違うかもしれませんが、ここ「火星の庭」は半分古本屋、半分カフェになっていて、のんびりくつろぐのにうってつけの雰囲気。ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。自家製のスイーツもあります。

 

 今回は仙台駅周辺に限定してのご紹介でしたが、他にも宮城には美味しいものがたーくさんあります!!全部紹介できないのが残念で仕方ないのですが、是非いろいろなものを食べて帰って下さいね^^

 

 

おまけ

 

・楽天イーグルスオフィシャルストア 仙台駅構内 http://www.rakuteneagles.jp/shopping/store_station.php

 最も新しいプロ野球チーム、楽天イーグルスのグッズを買うならココ!マー君こと田中将大投手や、闘将・星野監督のグッズなど、品揃えは豊富です。ちなみに、青葉通にもオフィシャルストアがあります!

 

・オーレベガルタ http://www.vegalta.co.jp/enjoy/shop.html

 こちらは、現在J1上位を走り被災地の「希望の光」となるべく奮闘しているベガルタ仙台のグッズを扱うお店。カフェと併設されています。仙台市ガス局ショールームの一角にあります。

 

 

 次回は宮城・仙台の素敵な観光スポットをご紹介しますよー!乞うご期待

 

 

=第6回コクダイパン会議まで あと 53 日!=

 

| kokudaipann | サポーターズサイド | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
サポーターの思い(3)

みなさん、こんにちは。

この度第5回コクダイパン会議サポーターを務めさせていただくこととなりました三重大学の谷口琢哉です。どうぞよろしくお願いいたします。


まずはじめに、先日の台風12号によって被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。また、不幸にもお亡くなりになった方々には衷心よりお悔やみ申し上げます。

 

さて、この度は小職の「サポーターの思い」を本ブログにて掲載していただくことになりました。拙文になりますが、どうぞご容赦ください。


小職が大学職員になってから、つい先日をもって丁度3年が経ちました。もちろん、まだまだ勉強中の身であり、日々分からないことばかりですが、様々な業務を任せていただくことを通して、自身の職場環境について、入職時よりほんの少しだけ広い視野で見つめることができるようになってきました。


思いつくままで申し訳ありませんが、

・自身のこと
  担当業務・SD活動・キャリアプラン
・所属する部局のこと
  業務改善・サービスの向上・学生指導・教職協働
・他部局のこと
  情報共有・業務連携・予算・人事・広報、入試・就職
・所属する大学のこと
  大学が目指す姿・求められる大学像・大学の価値観
・他大学さんのこと
  他大学さんの特色、価値観
・社会情勢のこと
  18歳人口の推移・大学進学者の推移
・文部科学省のこと
  第1期中期目標期間・第2期中期目標期間・各種資格


このように、みなさんにも日々お気づきのこと、日々お考えのこと、きっとたくさんあるかと思います。ところが残念なことに、日常において、そのようなことについて意見交換・議論することは、自大学の親しい職員とお酒の席ですることはあっても、それ以外の方とはなかなかその機会が得られないように思います。つまり本会議は、その「なかなか得られない機会」になるのではないでしょうか?少なくとも小職にとっては、極めて貴重な機会に相違ありません。


「貴重な機会」を、参加者全員で「有意義な会議」に、そして参加者全員にとって「素晴らしい経験」に。サポーターとして自身がお手伝いできることは高が知れておりますが、そのための一助となれることを強く願っています。


それではみなさん、当日お会いできるのを楽しみにしています。
当日は、是非参加者全員が一丸となって頑張りましょう!!

| kokudaipann | サポーターズサイド | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
サポーターの思い(2)

こんにちは!
第5回コクダイパン会議サポーターの名古屋大学の小山です。


今回のコクダイパンから,サポーターの思いをブログに載せるこ
とになりました。

サポーターのメンバーが岐阜大学,三重大学,名古屋大学なので,
じゃあ,3大学から1人ずつ書いてもらいましょうと実行委員が
思いつき,名古屋大学のサポーターからは私が選ばれたので,
筆をとっているところです。


私は,今年で34歳になりましたので,もうそろそろコクダイパンの
参加資格が無くなってしまいます。
そんな年になってしまったか。悲しいです。


コクダイパンですが,私は,第1回のコクダイパンに参加しました。
なにやらさっぱり分からんけど,面白そうなことやるなぁ。
名古屋大学からは誰も行かなそうだし,行ってみるか。と思い,
行ったことを思い出します。

あの日の京都の町には,全国の国立大学職員の「どうにかしなくては!」
という熱い思いが,席巻していたと思います。
非常に濃密な1日だったことを思い出します。

「どうにかしなくては!」と思うのは簡単なのですが,それを
コクダイパンという集まりに仕上げられた当時の実行委員の方には
本当に頭が下がります。
また,そのコクダイパンをこうやって第4回まで成功させてきた皆さま
にも感謝致します。


さて,第1回から第4回まで,西→東→西→北と中部地方の頭の上を
何度か通り越していましたが,栄えある第5回を中部地方でやらんかね,
という打診があり,実行委員の野澤さんから「名古屋大学でやりたい!」
という熱い思いを聞き,私は,コクダイパンへの恩返しをする最後の
チャンスだと思い,最大限のサポートしようと,サポーターになりました。


コクダイパンを中部地方でやるということは,非常に重要なことだと思います。
他の地域と比べて,若手の勉強会の連携がとれていない中部地方が,今回
コクダイパンを名古屋で開催することによって,コンソーシアムみたいな
ものが出来ればいいな!と思っております。


さて,サポーターとしての思いですが,お題が非常に難しいです。
名古屋紹介は簡単なお題でしたが・・・


サポーターというか,一参加者として思うことは,コクダイパンに参加
することを楽しんで欲しいと思います。会議といっても小難しいことを
決定するような場ではありません。

コクダイパンでは,出来るだけ素直な思いをぶちまけていただけたらと
思います。若い子の本音を聞けることは僕たち中堅には新鮮だし,中堅
の経験を聞くことは若い子達にとっては財産になるし。

だから,コクダイパンでは頑張って発言して欲しいと思います。

せっかく名古屋まで来るんだから,弾けちゃってください。


それでは,コクダイパンでお会いできることを楽しみにしております。

| kokudaipann | サポーターズサイド | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
サポーターの思い(1)

こんにちは。

岐阜大学病院総務課高松です。

コクダイパンの参加は第3回の神戸以来、2回目です。

今回はお隣の愛知県で開催ということで、
サポーターとして参加させていただくこととなりました。


今回のコクダイパンは過去最大の200人超の参加とのこと、
実行委員のみなさまのご準備、ご苦労があってだと思います。
心から感謝いたします。


さて、コクダイパンも5回目となり、
常連の方、初めて参加されてドキドキされている方、
様々かと思いますが、とりあえず、私が思うに「楽しむこと」
が一番かなと思っています。


「楽しむこと」ができれば、自然と仲間と交流ができたり、
こんなパンも全国にいるんだと感銘をうけたり、
これ、やってみよう!という気づきやモチベーションにも
なるのでは?と考えています。


そして「楽しむ」ためには皆さんの発言を聞いているだけでは
いけません。ちょっと勇気をもって発言しましょう。
発言することによって、自分自身もコクダイパン自体も
盛り上がって、名古屋まできてよかったなと思うはずです。

今年は、東日本大震災、原発事故、最近では台風12号と全国で
大きな被害が多発しており、心が痛くなる年でありますが、
この2日間は熱い議論をして、「楽しみ」ましょう!


と、つらつらと述べさせていただきましたが、サポーターとして
この2日間が円滑にそして有意義になるよう、務めさせていただき
ますので、どうぞよろしくお願いします。

| kokudaipann | サポーターズサイド | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ