コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
会議後の思い

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

コクダイパン会議実行委員会のせきぐちです。

 

会議後の思いシリーズ第3回は、事前準備から当日の運営まで幅広く協力してくださったサポーターさんにコメントをいただきました!サポーターさんの多大なるご協力のおかげで当日スムーズな運営をすることができました。本当にありがとうございました!

それでは、サポーターさんの思いをお聞きください♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【すずきさん】

こんにちは、筑波大学のすずきです。コクダイパンへの参加は初めてだったのですが、普段、他機関の方と関わる機会がほとんどないこともあり、他の人はどんな仕事をしているのか知りたいな、という軽い気持ちで参加させていただきました。

2日間、仕事をする場所は違えど同じ若手の大学職員という新鮮な環境の中、組織や仕事を変えていこうと奮闘した方のお話を伺ったり、現在の仕事に対して私と同じもやもやを抱えている方と話し合ったりして、職員生活を送るうえでとてもよい刺激になりました。

今回私は会場予約等をお手伝いしたのですが、普段仕事をしているエリアであるにもかかわらず、教室のことや備品のことなど、よく分かっていない部分も多く、勉強にもなりました。他大学から参加の方が、筑波大学の雰囲気も楽しんでいただけたのであれば、職員としてこれ以上の喜びはありません。

コクダイパンを終えて、自分の理想の働き方を求めて、気持ちを新たに日々の業務を頑張りはじめたところです。皆さまとは、またどこかでお会いできたらうれしいです。ありがとうございました!


 

 

【そやさん】

コクダイパンへの参加は今回で2回目となりますが、今年は筑波大学での開催ということで、サポーターとして参加させていただくこととなりました。事前準備〜当日のお手伝いをさせていただきましたが、コクダイパン会議がより良いものになるよう時間をかけて実行委員の皆さんが準備をされてきたということをひしひしと感じ、一参加者として有難く思うのと同時に、実行委員の皆さんの熱い思いでコクダイパン会議が成り立っているのだなぁと思いました。微力ながら運営に携わることができたことは良い経験となりました。

 

また、今回はサポーターのほかにも、分科会兇波表者を務めさせていただきました。正直、2年目職員の私に務まるだろうか…と不安でしたが、当日はブースに来ていただいた方から様々なご意見をいただくことができ、発表を通して課題へ取り組むモチベーションが一段と上がりました。貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

 

ただ業務をこなすという日々になりがちな現在、今回のコクダイパンで「理想の働き方」についてじっくり考えることで、働くにあたって自分の中で大切にしていきたい行動指針を設定あるいは再確認することができました。コクダイパン会議を経て得た気づきを心に留め置き、今後の業務にあたっていきたいと思います。

 

最後に、今回コクダイパン会議に参加された皆さま、実行委員の皆さま、サポーターの皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から42日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:12 | comments(0) | - | - | -
会議後の思い

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

コクダイパン会議実行委員会のせきぐちです。

 

会議後の思いシリーズ第2回をお届けします。

今回は分科会兇鮹甘したお二人です!

 

また、最後に参加者の皆さまにアンケートに関するお知らせがありますので、そちらも併せてご覧ください。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【きむら】

 大阪教育大学のきむらです。会議から3週間ほど経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

 私は今回、分科会IIの企画に関わらせていただきました。今回初めての試みとしてブース形式での実施となりました。たくさんの参加者の方にご協力いただき、至らない点はあったものの無事に終了して何よりです。発表者の皆さま、ありがとうございました。

 

 あれよあれよと会議が終わり、毎日の業務に戻ってみると、夢からさめたように感じます。良い意味でも悪い意味でも、です。

 全国からたくさんのパンの方が集まって、自分の理想や未来について語り合うというのは本当にすごいことだと思います。不満やもどかしさを原動力に、可能性を広げようとする人たちがこんなにもいるんだと感動しました。実行委員やサポーターに対する労いや優しさはもちろんうれしく、それ以上に参加者同士が笑い合う、語り合う姿を見て、頑張って準備して良かったと心から安堵しました。

 参加者として1回、実行委員として2回、この会議に関わって、自分は大きく変わることができたのかは自信はありません。でも、この会議で得た気づきや感じた想いはこれからの原動力であり、何より参加者の皆さまとの出会いは大切な財産です。これからも末永くこのご縁が続いていくことを願います。

 

 改めまして、参加していただいた皆さま、実行委員、サポーターの皆さま、開催にあたりご尽力いただいた皆さま、心より感謝申し上げます。またお会いできる日を楽しみにしております( ˘ω˘ )


 

【せきぐち】

 あらためまして、皆さまこんにちは。富山大学のせきぐちです。
 朝晩の冷え込みがますます厳しくなってきましたね〜。最近は布団から出るのがツラいです。

 皆さま、第11回コクダイパン会議はいかがでしたでしょうか。実は私、当日のFacebook実況も担当していたのですが、議論に熱中するあまり実況を忘れるという大失態をしてしまいました…この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m 
 それだけ楽しかったということで、皆さまにも当日を楽しんでもらえたならば、実行委員としてとても嬉しく思います。

 今年も準備から当日まであっという間に過ぎてしまって、この記事を書きながらようやく今年のコクダイパン会議が終わったんだということを実感できています。素晴らしいメンバーと一緒に一つのものを創りあげたこの半年間は、たくさんの楽しさとわくわく感に溢れていて、何物にも代え難い幸せな経験でした。

 私にとって大学とは、いろんな可能性が詰まった場です。そこで働く私たち大学職員もまた然り(と信じています)。そして、コクダイパン会議はそんな「大学職員の可能性」を強く実感できる場だと思っています。
 全国にはこんなにステキな人たちがいるのだと、今年も新たな驚きと感動がありました。皆さんとの出会いや議論、実行委員会の活動を通して、一般職員“だから”できないことはたくさんあるけれど、一般職員“だからこそ”できることもあるんだということに気づくことができました。
…他にもいろんな気づきや感動がありますが、書ききれないのでやめておきます(笑)
 またどこかでお会いしたときに、皆さんが得た気づきや理想の働き方PLANの進み具合などについてお話しさせていただけると嬉しいです。

 今までコクダイパン会議に携わってこられたすべての方々に感謝を込めて。
 またでお会いできる日を楽しみにしています!
 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

=================================

【参加者の皆さまへ】

第11回コクダイパン会議アンケートの締切について

 

当日皆さまにご回答をお願いしましたアンケートですが、

あさって11月3日(金)をもって回答を締め切らせていただきたいと思います。

 

ご回答がまだの方は、ぜひご協力いただけますと幸いです。

アンケートのURLは、第11回コクダイパン会議参加者の皆さまにメールにてお送りしておりますので、ご確認願います。

 

なお、既にご回答いただいた皆さま、ご協力ありがとうございました!

アンケート結果は報告書にてご報告いたしますので楽しみにお待ちください。

 

==================================

 


--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から24日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 20:35 | comments(0) | - | - | -
会議後の思い

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
ブログ担当のせきぐちです♪

 

第11回コクダイパン会議からもう2週間が経ち、季節はすっかり秋に移り変わっておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

理想の働き方PLANを着々と実行されていますでしょうか?(^^)

 

さて、今回からは「会議終了後の思い」と題して、何回かにわけて実行委員、サポーターさんの感想や思いをご紹介させていただきます。

 

トップバッターは当日の司会を担当したお二人です!
 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【さがわ】

 みなさん、こんにちは!東北大学のさがわです。コクダイパン会議からはや2週間が経ちましたが(本当あっという間ですね…!)皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 第11回コクダイパン会議では、神戸大学のむらたさんと一緒に司会を担当させていただきました。実は私、大の人見知りでして、緊張のせいで司会中の記憶があまりありません(笑)噛みっかみの司会でお聞き苦しい所もあったかと思いますが、皆さん最後まで真剣にご清聴いただき有り難うございました!

 分科会気任牢覯茵∧科会兇任六例発表者、分科会靴任魯侫.轡螢董璽拭爾函各分科会に関りを持てたのは、コクダイパン会議実行委員として、そして参加者の1人としてとても貴重な経験だったと思います。特に分科会兇任和山の方にブースへ来ていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 会議当日は目立つ役得な部分ばかりを担当させていただきましたが、企画・運営に関して他の実行委員の皆さんに頼りっぱなしでした。今回コクダイパン会議が無事開催できたのは、実行委員の皆さんの準備・企画力の賜物ではないかと思います。また、会場校である筑波大学からお手伝いいただきましたサポーターの皆さん、本当に有り難うございました!

 そして、最後になりましたが、コクダイパン会議は「参加者一人ひとりが創り上げていくもの」です。第11回コクダイパン会議は、参加者の皆さんで創り上げられ、無事終了することができました。この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。本当に有り難うございました!!!またコクダイパン会議で皆さんにお会いできることを楽しみにしております(^^)


 

【むらた】

 神戸大学のむらたです、大型台風すごかったですね…全国の皆さんご無事でしょうか!(過去形で書いてますが、執筆している22日20時現在、家が台風で揺れています。無事でいられるのでしょうか。)

 さて、コクダイパン会議にご参加くださいました皆さま、本当にありがとうございました。

 私は↑のさがわさんと一緒に司会をさせていただきました。下手な司会でしたが、たくさんの方に「司会お疲れ様でした」と温かい言葉をかけていただき、大変ありがたかったです。普段人前に立つことはあまりないので、今回は大して労力もかけていない割に目立てていい経験になりました!!笑

 また、企画担当では分科会兇鮹甘させていただいたのですが、最初のミーティングでブース形式でなんかやりたい!!と言ったことが、最終的に形となり、ぼんやりしたイメージも他の実行委員と皆で力を合わせれば、形のあるものになるんだなと、感慨深い思いでした。

 本当に他の実行委員の方が優秀すぎて、私は司会やった以外特に何もやってないと言っても過言ではないような気がするのですが、とにもかくにも無事終了し良かったと思います。参加者の皆さんにも、細かいところで至らない点は多々あったことと思いますが、概ね満足いただけたのではないかと感じています。

 皆さま、温かいご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございました。今後ともコクダイパン会議をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から16日=

| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:48 | comments(0) | - | - | -
会議終了後の思い

 みなさんこんにちは、ブログ担当の阪大ねーさんです!(^^)
 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 そろそろ年末ですね。業務の加速もさることながら、忘年会の日程調整や場所押さえに苦労している方も多いのでは……?←それは私。

 

 さてさて、「会議終了後の思い」と称して開催直後から約1ヶ月半にわたってお届けしてきたこのシリーズも、いよいよ最終回です!
 最終回は実行委員の中でも唯一の会場担当として、縦横無尽+必要不可欠な活躍をしてくれた社長と、なんだかんだとしゃしゃり出ている感がハンパないワタクシ・藤原でお送り致します!
それでは、どうぞ〜♪(^ω^)つ

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【社長】
 こんにちは、社長こと、大阪大学の木本です。眼鏡男子の大きい方です。
 会議開催からしばらく経ちますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? グッドサイクル、作れてますか?
 これから年度末に向けて仕事のブーストがかかってくる頃だと思いますが、笑顔を忘れず、前向き前向きで頑張りましょう!

 

 さて今回のコクダイパン会議では、開催校委員として、企画全般(特に掘砲函会場準備に携わりました。
 実は、コクダイパン会議には初参加でした。というか、実行委員になったのも、第1回ミーティングが行われる数日前でした。恐らくは史上最もイレギュラーな形で参加することになった人間だと思います(笑)。
 正直何も分かっていないまま、他の実行委員と企画全般について相談し、決まれば今度は詳細を詰め、併せて部屋割り、備品等、会場の準備を行い・・・・・と、大変なこともあり、どうしようかなと思うこともあり。。。

 

 今、皆さんが真剣な、時に笑顔が混じる表情で各企画に臨まれている姿を、写真で見返しています。その姿を見ると、そんな準備段階の苦労や疲れは全て吹っ飛びます! 実行委員として、特に開催校委員として、皆さんに無事会議に臨んでいただき、しかも「楽しかった」「勉強になった」と言ってもらえる、これに勝る喜びはありません!

 

 また、一参加者としても、皆さんと共に事例を聞き、会話し、ワークを行って得たものは、今後大学職員として生きていくうえで、貴重な財産となっていくと思います。

 大学職員として今後働き続ける中で、仕事やセミナーやコクダイパンなどで、皆さんと再会することもあるかと思います。
 おそらくはその時も、私は相変わらず眼鏡で大きいままだと思いますので、見かけたらお声掛けいただけると幸いです。
 本当にありがとうございました!


【姐さん】
 最後のトリがワタクシなんぞでいいんだろうかと思いつつ……。(^^;
 ここまでお付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました! 大阪大学の藤原こと、ブログ担当の阪大ねーさんです♪

 

 私が初めてコクダイパンと出会ったのは入職して2年目の時でした。
 当時の上司が理解のある方で、「研修扱いにしてあげる」と言ってくださったので、まあそれなら……という、非常に安易な動機で参加したのを今でも覚えています。今回の参加者の中には、もしかしたら当時の私と同じような状況の方もいらっしゃるかもしれません(笑)。
 ま、そんな感じで何が行われているのかすらよくわからず、とりあえず他大学を見学できるなんてラッキー! 程度の軽ーい気持ちで参加しました。


 衝撃でした。( ;゚Д゚)


 私が初参加したのは第5回、名古屋大学で行われた時で、ただただ、他の方々の熱量に圧倒されたまま会議が終わりました。
 それまで、自分のキャリアプランや仕事との向き合い方なんか考えたことがなく、ただなんとなく目の前の仕事をやっつけていただけだったのですが、それを機に自分の「大学職員」としてのキャリア、「大学職員」という仕事について、を考えるようになりました。
 そして、たった2日間しか交流のなかった全国のパンたちと、もう一度会いたい、もっといろんなことを話し合いたいと思いました。
 そこから、毎年コクダイパンに参加するようになり、第7回には実行委員も経験させていただきました。

 

 大阪大学でコクダイパン会議を開催することも、実行委員をした時からの大きな目標でした。
 でも自大学で開催するにはたくさんのハードルがあり、自分一人だけが「開催したい!」と言っているだけではなかなか乗り越えることができませんでした。
 今回、大阪大学で開催できたのは本当にたくさんの方々の協力があってのことでした。実行委員やサポーターはもちろんのこと、学内の係長や部課長、理事が親身になってバックアップしてくださったおかげで無事に開催することができました。
 もし、今後自分の大学でも開催したい! と思った方がいらっしゃったら、ぜひその思いを大事にして欲しいと思います。
 すぐにその目標が達成できずとも、そのために少しずつ根回しや人脈を広げていれば、いつか必ずチャンスが来ます。そして来たるべき時にチャンスを逃さないためにも、きっちりアンテナを張っていれば、自分自身の成長にもつながりますし、目標への大きな一歩になると思います。(^^)

 

 私が働くうえで常に意識していることは「チャンスの神様には前髪しかない」ということです。
 もし、何かチャンスが来たとして、やろうかどうしようか迷うくらいなら、ぜひ思い切ってチャレンジしてください(やりたくないのを無理にとは言いませんが)。
 そして、チャンスは待っているだけではこないので、自分からいろんなところへ出かけていって、情報を仕入れたり人との交流を持ったりして、自分の中のチャンネルを増やし、職員人生を豊かにしてもらえたらと思います。

 

 ――というわけで、会議当日、最後の全体会であまりにも頭の中がスッカラカンすぎてろくなことが言えなかったので、ここで思いの丈をぶつけてみました(笑)。
 ま、要は豊かな大学職員人生を送るために、できることは全力でやって、楽しみましょう! ということです。
 今回コクダイパン会議に参加してくださった方で、少しでもそんな風に前向きになってくださったなら、実行委員としてこれ以上の喜びはありません。
 またどこかでお会いできるのを楽しみにしています♪(^^)

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 46日=

| kokudaipann | 実行委員の思い | 17:23 | comments(0) | - | - | -
会議終了後の思い

 いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

 ブログ担当の阪大ねーさんです。(^^)

 

 「会議終了後の思い」シリーズもいよいよ大詰め!?

 今回は実行委員ではなく、当日のサポートに当たってくださったサポーターさんたちにコメントをしていただきました!

 当日2日間、スムーズな運営ができたのはサポーターさんたちのご協力があってこそ……!

 みなさんと一緒に参加者としても会議に参加してくださった、サポーターさんたちの声をお聞きください♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【サポーター1】
 今回初めてコクダイパン会議に参加をさせていただきました。
 しかも大阪大学での開催ということで、縁あってサポーターも経験させていただき、大変貴重な機会をいただいたなぁと感謝しているところです。

 

 初めてのことで分からないことだらけの2日間でしたが、サポーターとして活動したことで、実行委員の方々がどんな思いで活動しておられるのかとても身近に感じることができ、充実した2日間を過ごすことが出来ました。

 

 参加をして感じたのが、コクダイパン会議が「自分の経験・想いを発信出来る場」であるこいうことです。
 自分が経験したことや普段自分が考えていることを発信する機会というのは、ありそうで実はなかなかありません。
 しかもそれを初対面の方に伝えようと思うと自分の中で改めて振り返り、考えを整理して、言葉を選ぶ必要があり、時にはその過程で今まで自分自身でも気づいていなかった新しい考えに気づくこともあります。
 そして、それらを発信することで自分の経験や想いが誰かの気付きとなったり、あるいは誰かの経験が自分の何かのきっかけとなったり。
 そんな経験を全国のみなさんと共有でき、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

 日々業務に追われる中でコクダイパン会議への参加を機にふと立ち止まって自分の考えを整理できたことはとてもよかったなぁと思っています。
 まだまだ職員としての経験は浅いですが、いつか自分も誰かの力になれるようなそんな経験談や想いをコクダイパンで話せるように、これまで以上に業務に邁進していきたいと思います。

 

大阪大学 T.Y.

 

【サポーター2】
 みなさん、こんにちは。
 大阪大学の藪下です。

 

 私が初めてコクダイパンに参加したのは、第8回の東北大学のときでした。
 その際、サポーターとして多くの東北大学の方が参加されており、同規模の大学として、このような大きなSDイベントが開催できることに憧れを感じるとともに、「いつか阪大でもコクダイパンができたらいいなぁ」「阪大でコクダイパンをやるなら、自分も何かお手伝いしたいなぁ」という想いを持っていました。
 最近は東日本での開催が続いていましたが、今回は久しぶりの西日本、しかも念願だった大阪大学での開催!ということで、サポーターとして参加させていただきました。

 

 サポーターとして参加することで、会場の事前準備や誘導、本番中の運営など、コクダイパンの裏側に携わることができ、初参加の前回とはまた違う新鮮さがありました。
 一参加者として得た分科会での気付きや、作成した「前向き計画書」と合わせ、今回の経験を今後の職員生活の糧にしていきたいです。

 

 最後となりますが、今回のコクダイパンに参加されたみなさま、また実行委員のみなさま、どうもありがとうございました!
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 40日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:35 | comments(0) | - | - | -
会議終了後の思い

 こんにちは、ブログ担当の阪大ねーさんです!

 そろそろダウンコートやこたつが欲しくなってきましたね。

 地域によっては、もう雪が降っているところもあるのでしょうか。

 コクダイパン会議が終了してから1ヶ月あまり、みなさんそれぞれの職場で前向き計画書に書いた内容を実践すべく、頑張っておられることかと思います♪(^^)

 

 さて会議終了後の思いシリーズ、第4弾は全体会の総合司会を務めたお二人! みなさん、印象に残っているのではないでしょうか。(^^)

 軽快なトークで全体会&懇親会を盛り上げてくれたお二人の感想は……?

 それではどうぞ〜。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【ゆーさん】
 こんちはっす。司会をやっておりました山口大学の岡部です。
 会議後終了後の思いと言うことですが、正直何を書いていけば良いのかわかりません!
 作文が苦手な僕にとって今年度一頭を抱える課題となっております。
 そしてこれまでの実行委員が良いこと書くから余計にハードルが高くなっているのが許せません。

 

 ただ、終了後の思いとして言えることは楽しかった、そして皆さんお疲れ様でした。と言うことだけです。正直なところ、今すぐ日々の業務を前向きに取り組むことなど出来ない悩みを抱えている人がほとんどだと思います。ですが今回の会議に出席して、他の参加者とお話をして普段では得ることの出来ない情報を得て、会議が終わった帰りの電車の中で「あー、楽しかったな。得たものを生かして、明日からの仕事も頑張ってみよう」と心の中で思えたら、それはもう前を向き始めていると考えられるので大成功ではないのかなと思います。かく言う自分も「あー、明日から仕事だな、でも4日しか出勤しないから頑張れる気がする」と思えたので大成功だと思います。あれ?前向きっぽく見えますがなんか違う気がしますね(笑)。

 ま、冗談はさておき第10回コクダイパン会議は終了しましたがパンの繋がりは終了したくないので東京に来ることがある際は是非、ご連絡頂ければご案内いたしますので飲みニケ-ションでもやりましょう! もちろん東京付近在住の方はいつでもお誘い下さい! どこでも駆けつけます。その際、計画書の実践具合等情報交換できたらなと思います。
それじゃ、またいつか会う日までー


【わかめちゃん】
 司会の片割れをしておりました大阪教育大学の木村です。
 早いもので会議本番より1か月が過ぎました。参加者の皆さまはどんな1か月を過ごされたでしょうか。私は教務系の部署ということもあり、会議の余韻にゆっくりを浸るわけにもいかず、後期授業が始まってバタバタとした毎日でした。でもこっそり自分の前向き行動計画書を遂行中です^^


 昨年度の第9回に初めて参加し、全国のパンの方々の想いと優しさに感動しました。たった2日間しか時間を共有していないにも関わらず、会議後もfacebook等を通じてアドバイスをくれたり刺激を与えてくれる方々に出会いました。自分もその場を作る一人になれるなら、実行委員という役目を務めたいと思いました。
 私自身、決して「意識高い系」ではないんです。人見知りだし、自分の意見を発表するのも苦手だし、難しいこと考えるの苦手だし(笑)でも、大学というフィールドで働く中で、学生の成長を見守る中で、5年後も10年後も同じ自分で居るのはもったいないしつまんないと思いました。毎日の仕事の愚痴や不満で終わるのもカッコ悪いし、そんな先輩になりたくないと思いました。”カッコいい人”になりたいと思いました。
 半年間、実行委員のおねえさまおにいさまに引っ張られて本番を迎え、頼りになる相方さんもいたおかげで無事に司会という役目を果たすこともできました。司会の役得な部分もあり、参加者の皆さまにお声かけいただき、笑顔を見せていただけたことが何よりも嬉しく思います。多くの新しい出会いがありました。また、自己満足ではありますが、自分の大学の同僚が参加し、半年間私が実行委員とし関わってきたその原動力のような部分を見てもらえたかなと思います。


 実行委員を務めるにあたり、企画・運営面でたくさん勉強させていただきました。そして、実行委員はもちろん、大阪大学の皆さまや実行委員OB・OGの方々、そして何より参加者の皆さまがいて初めて成り立つものであって、一人じゃなにもできないんだなぁということを実感しました。関係者の皆さまには心より感謝申し上げます。またどこかでお会いできることを楽しみにしております。


--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 32日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 17:31 | comments(0) | - | - | -
会議終了後の思い

 みなさんこんにちは、ブログ担当の阪大ねーさんです。

 いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 さて会議終了後の思いシリーズ、早くも3回目!

 今回は分科会IIの企画担当をしてくれていたお二人です♪(*´ω`*)

 どうぞ〜!

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【まみさん】

 こんにちは。富山大学の関口です。
 もう11月、今年もあと2か月を切りましたね。皆さま年末に向けてお忙しい日々をお過ごしのことと思います。

 

 さて、会議後の思い、何書こうかなと思いながらこの半年間を振り返っております。
 実行委員のお話をいただいたのは、中堅と呼ばれる年代に入ってきたのに全然成長できていないという焦りの中で、どーにかしなきゃという気持ちだけが空回りしていた時のことでした。その時は「チャンス!現状打破のきっかけにするぞ!」と思って有り難くお引き受けしたのですが・・・今思えば、なんとも自分勝手な理由だったなと(そして完全にノリと勢いだったなと)ちょっと反省してます。
 きっかけについては反省しつつも、実行委員をやってみて本当によかったです。100人規模のイベントの運営、一から企画を作り上げるプロセス、フラットな組織での動き方など、今後も大学職員として働いていく上で財産となるような貴重な経験ができました。
 そして何よりも、楽しかった。この一言に尽きます。
 今回のコクダイパン会議を通じて、自分の中で少しブレイクスルーが起こせたかなと感じています。会議で得た新たな気づきを忘れずに、前向き計画書に書いたことを一つずつ実行中です。

 

 皆さまにとってのコクダイパン会議はいかがでしたでしょうか。新たな気づきや新しい出会いなど、何か得るものがあったのならば、実行委員としてこんなに嬉しいことはありません。

 

 実行委員、サポーターの皆さん、参加してくれた皆さま、開催にご協力いただいたすべての皆さま、本当にありがとうございました。
 またどこかでお会いしましょう!


【あーちゃん】
 みなさん,お久しぶりです✿
 信州大学の齋藤です。


 信州は日に日に寒さが増していき,着ようと思っていた秋物が満足に着られないまま最近コートを出しました。まだ暖房は我慢します。家では着込んでもこもこのころころです。


 さて,みなさんあれからいかがお過ごしですか?そろそろ1ヶ月が経とうとしていますが,会議で得た気づきや人脈は少しでも日々の中に役立っているでしょうか。
 今回,実行委員とし主に分科会兇隆覯茲亡悗錣蕕擦討い燭世ました。みなさんに出来るだけ多くの視点や考えに触れてもらおうとワールド・カフェ形式のワークを取り入れてみました。上手く機能したかな…と不安でいっぱいでしたが,アンケートでは沢山の気付きがあったとの声が聞かれ,大変嬉しく思います。これは参加したみなさんが積極的に話し合いを進めてくださったお陰だと思います。ありがとうございます。


 会議で得た気づきや人脈はすぐには日々の業務に役立てることが難しいかもしれません。しかし,今後,思いがけないところで役立つことと思います。どうか気づきは大切にし,頭の片隅に…。そして築いた人脈はこれからの財産になりますので,どうぞ積極的に連絡をとって今後につなげていってくださいね。


 …とは言うものの実行委員の経験を通し,委員の方々の優秀さや有り余る優しさに支えられ,沢山の気づきや大切な仲間を得たのは実は私だったりします。


 それではまた会う日まで。

 


--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 25日=

| kokudaipann | 実行委員の思い | 22:05 | comments(0) | - | - | -
会議終了後の思い

 みなさんこんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 ブログ担当の阪大ねーさんです♪

 寒暖の差が激しい時期ですが、体調など崩してませんか? 私はコクダイパンが終わって緊張が切れたのか、しっかり風邪を引きました!(−−;

 みなさんお気をつけあそばせ……。

 

 さてさて会議後の思いシリーズ第2回は、会議初参加ながらしっかりと実行委員を担ってくれたM氏と、第9回からの継続委員でもあった頼れるたかたんのお二人です!

 それでは、どうぞ〜!(≧▽≦)ノ

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【M氏】
 みなさん、こんにちは。
 大阪大学の音川です。コクダイパン会議が終わってもうそろそろ一月が過ぎようとしていますが、前向きな気持ちを忘れず、日々の業務に取り組めているでしょうか?
 私は、年末に向けてじょじょに忙しくなる日々を過ごしています。みなさんとともに学んだ前向き思考を忘れずに業務に励むつもりです!

 

 さて、第10回コクダイパン会議では、開催校実行委員として参加させていただきました。
 主に分科会靴隆覯茲鮹甘し、会計関係や昼食のパンの手配も行いました。
 ケーススタディでは、みなさんがイメージしやすいケースを考えるのが難しかったです。みなさんはケーススタディにて具体的な解決策を導き出せましたでしょうか。作成いただいた前向き計画書を、ぜひ日常の業務に活かしていってくださいね。
 また、昼食のパンは会場である豊中キャンパスのご近所にあるパン屋さんにて手配しました。条件にあったお店がなかなか見つからず、苦労しました。みなさんに美味しく食べてもらえたなら、幸いです。

 

 国立大学職員のための研修やセミナーは、この先も全国各地で行われることと思います。どこかでみなさんと再会できる日を楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

【たかたん】

 こんにちは。兵庫教育大学の高田です。
 コクダイパンから2週間、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 もう今年のコクダイパンが終わったんだなあと、やっと実感するほど今回のコクダイパンでも準備から開催まで、あっという間のことでした。
 コクダイパンへの想いなどそれぞれにわくわく感を持って集まったメンバーで意思決定をし、1つの会議を作り上げていくことは、普段のパンとしての業務ではなかなか得ることのできない濃密な経験をする機会を頂けたことが大変ありがたかったです。

 

 さて、昨年のブログでも書いたとおり、私にとってコクダイパンとは「気づき&きっかけ」です。
 今回も、実行委員会の活動や当日みなさまと共に議論する中で、多くの気づきやきっかけを得ており、業務を進める中で役立てて
いこうとしているところです。
 みなさまにとっても第10回で得たものから何か動きにつながっていることを願っております。
 ぜひ来年のコクダイパン、あるいはまた別の機会にお会いできた折にはどんな気づきやきっかけがあったのか、「みなさまの会議後の思い」をお聞かせください。

 

 それでは、またお会いしましょう!

 


--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 18日=

| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:41 | comments(0) | - | - | -
会議終了後の思い

 みなさんこんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 ブログ担当の阪大ねーさんです♪

 

 早いもので、第10回コクダイパン会議が終了してもう10日が経ちました。
 終わってみればあっという間だった気もする当日2日間でしたが、みなさんいかがでしたでしょうか?
 さて今回からは「会議終了後の思い」と題して、何回かにわけて実行委員、サポーターさんの感想や思いをご紹介させていただきます。

 

 トップバッターは当日の撮影や実況を担当したお二人です!
 どうぞ〜!(≧▽≦)ノ

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【先生】
 皆さまこんにちは。「コクダイパン会議後の思い」第1回目を任された片割れ、眼鏡男子の年下の方こと滋賀大学 夏目です。会議当日では全体会や分科会でカメラ片手に落ち着きなくちょこちょこ動き回っておりました。
 
 実行委員を拝命してから会議本番までの半年余りは、長かったようであっという間に過ぎ去った、濃密な時間でした。

 実行委員のお誘いを受けた時は、正直迷いました。入職3年目で経験も浅く、コクダイパンも1度しか参加したことのない自分に果たしてこのような重責が務まるのだろうか、不安でいっぱいでした。しかしそれでも「えいやっ」と一歩前に踏み出すことができたのは、他でもないコクダイパン会議に参加した経験が背中を押してくれたからでした。一般の参加者ではなく実行委員としてコクダイパン会議に参加したら、一体どんな景色が見られるのだろう。期待と不安の入り交じった実行委員としての日々はとてもハードで、時には繁忙期と重なり大変な時期もありました。しかしそれを乗り切ることができたのは、遠く離れた地で共に頑張っている実行委員の仲間がいたからでした。自分は一人ではない。それが何よりも心強い支えでした。

 

 会議本番を終えて最も強く感じたのは、コクダイパン会議が実行委員だけの力ではなく、サポーターや参加者の皆さん、他にも会議の準備・運営に協力してくださった方々、本当に多くの人たちに支えられてこれまで10年もの間、行われてきたのだということでした。その支えてくださった方々へ少しでも恩返しできればと、現在報告書を鋭意作成中であります。報告書が完成するまで、我々のコクダイパン会議はまだ終わりません!

 コクダイパン会議に関わってこられた全ての人々に、最大級の感謝を込めて。

 

滋賀大学 夏目


【もっちー】
 眼鏡男子の年上の方こと東北大学 望月です。
 私は昨年から引き続き実行委員をさせていただき、今回は分科会機併例報告)の司会やらカメラ撮影をしてました。先生のありがたいお言葉の後に何を書くか、この執筆の原稿〆切が残り3時間を切っている中で必死に考えています。

 

 正直なところ、あっという間の半年間でした。
 まだ会議が終わったことすら実感できてません(笑)
 振り返ってみると、本会議を通じて得たものは数多くありました。それこそ会議の目的の一つにあるように「ネットワークの形成」や、私にとってのメンターの形成などなど。
 あ、あと広報担当だったのでFacebookなどSNSの使い方も勉強になりました(^^)

 

 コクダイパン会議は今年で10周年。
 他人事みたいですが、実行委員・参加者が毎年変化する中でここまで続くって凄いですね。先輩から後輩へと連綿と続いてるのでしょう。私自身、本会議に関わるようになったのも会議に携わる諸先輩方の後ろ姿を見たことがきっかけだったな、と今更ながら思います。

 

 実行委員・参加者の皆さん、そして会議開催にあたりご協力いただいた方々、この度は本っ当にお世話になりました!また皆様とお会いできることを楽しみにしています!!


東北大学 望月

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 10日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 18:25 | comments(0) | - | - | -
会議後の思い(6・7)
いつもコクダイパン会議スタッフのブログをご覧いただきありがとうございます。実行委員の金子(東京工業大学)です。

シリーズ『会議後の思い』、最終回の今回は当日大奮戦してくださった一橋大学サポータの皆さんから代表として生田さん、大川さんに語っていただきます。そしてトリは昨年に引き続き、実行委員を務めあげた埼玉大学の渡辺さんです。どうぞ〜(^^)ノ!

----------------------------------------------------------
 サポータを務めさせていただいた一橋大学の生田です。
 コクダイパンの参加は初めてでしたが、今回所属大学で開催されるということで参加させていただきました。正直、普段あまり”大学にとって何ができるか”などという高尚なことに思いが及ばず、日々の業務に追われる毎日を送っていたので、申込の段階で「私のような人間が軽々しく足を踏み入れてよいものか・・」と若干びびっておりました。
 
 しかし当日、グループワーク等を通して参加者の皆さまとお話すると、同じく日々の業務に追われる国立大学法人職員として、同じ目線からの意見を伺うことがで、「なるほど、そういうやり方があったのか」「そういう考え方だと前向きに取り組めそうだ」と、自分の身に引き寄せて考えることができました。国立大学の将来場や諸課題・・・と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、そんなに敷居の高いことではなく、日々の業務からつながることだと改めて認識させられました。
 また、各大学のPRも素晴らしいものがありましたね!簡単と羨望と嫉妬で思わず歯噛みするほどでしたが、うちも他大の方を歯噛みさせられるよう、そしてそれがまた誰かの原動力になるよう、頑張りたいと思います。

 実行委員の方々、参加者の皆様、本当にありがとうございました!
 また他の機会で皆様とお会いできることを楽しみにしています。
(一橋大学・生田)
----------------------------------------------------------

 こんにちは。サポーターとして第9回コクダイパン会議に参加させて頂きました一橋大学の大川です。
 コクダイパンにはこれまで参加したことがなかったのですが、今回は一橋が開催校ということで、少しでも役に立てれば、また自身のキャリア等について考えるきっかけを得られればと思い、参加しました。
 採用から数年が経過し、仕事にある程度慣れたためか、今後の自分のキャリア等について思うところがありました。大学職員としてこの先どんなキャリアを形成していくのか、やりがいは何か・・・そんなことそんなことを考えているときに、コクダイパンの話を耳にしました。参加してみるとそれぞれが抱える事情の異なる全国の様々な若手職員が集まる場ということで、多種多様なキャラクターや考え方に触れることができ、「あ、こういう考え方もあるんだ」「こういうのも”やりがい”って言えるんだ」といった気付きを得ることができました。
 こればかりは参加してみないと実感できませんので、このブログをご覧の方で参加経験の無い方は、一度参加されてはいかがでしょうか。それで自分が劇的に変わったり、迷っていることへの答えが見つかるとは限りませんが、普段は接することのない人と交流し、普段と違う角度から物事を考えることは決してマイナスには働かないと思います。”自己啓発”などと大袈裟に考えず、軽い気分転換のつもりで参加されたとしても、実りある経験を得られる場だと思います。
 
 最後に、企画運営にご尽力いただいた実行委員の皆様に、改めてお礼申し上げます。
(一橋大学・大川)
--------------------------------------------------

 第9回コクダイパン会議実行委員、埼玉大学の渡辺です。
 コクダイパン会議お疲れ様でした。あれから1ヶ月以上たちましたが、いかがお過ごしでしょうか。私はなんと海外研修のチャンスをいただきまして、今現在オーストラリアで勉強中です。

 会議後の思いからはちょっとずれてしまうのですが、オーストラリアで学生をしていて気づく点がいくつもあります。たとえば、定時を過ぎると職員があっさり帰ってしまうこととか。仕事量は日本とそう変わらない(と思う)のに、なんで帰れるのかとか。こういうことも、コクダイパンに参加して「大学職員」について考えることがなければ、きっと何とも思わずにそのまま流していたことでしょう。みなさまにとっても、コクダイパンが大学について考える「きっかけ」になっていたら本望です。

 改めまして、コクダイパン会議に参加してくださったみなさま、そして会議開催にあたりご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。何らかの事情で参加できなかった方、そしてへーこんなのあるんだーとちょっとでも思ってくださった方、どこかの国立大学でお会いできることを楽しみにしています。
(埼玉大学 渡辺)
--------------------------------------------------
実行委員の思い、如何でしたか?
会議後の思いシリーズ、これにてひとまず完結です!

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第9回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議まで あと??日!=

 
 
| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:56 | - | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

このページの先頭へ