コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
<< パンの発表 | main | 実行委員の思い(4)〜楽しく働いていますか?〜 >>
実行委員の思い(3) 〜コクダイパンの「魔力」〜
いつもblogをごらんいただき、どうもありがとうございます。
第3回コクダイパン会議実行委員の小野里です。


思い起こせば2年前、大学職員のSNS「大学職員.NETWORK」で、「コクダイパン」なるナゾのイベントが始まるらしい、というのを知ったのが、コクダイパン会議とのそもそもの出会いでした。

就職して1年あまりが過ぎた時期、「現実」も見えてきた一方で「これでいいのかなぁ…」との疑問もたびたび胸をよぎり、「何か行動しなきゃいけないんじゃない?」と自問自答していたときに、ちょうど「ナゾのイベント」開催のお知らせが飛び込んできたのです。

「京都か、ちょっと遠いなぁ…」という思いも束の間、要項が発表されるやいなや、申込用紙を実行委員の皆さんにお送りしていました。



私は、「自分の大学が好き」という思いは誰にも負けないと思っていますが、それ以外はちょっと引っ込み思案だけど、普通の大学職員であるつもりです。
正直に言ってしまえば、本務をこなすのに精一杯で、「おいしいパン」を用意する時間が十分に取れないのも現実です。

でも、コクダイパンには不思議な魅力があって、(もちろん、本務はきっちりこなした上での話ですが)何をおいても参加したい、という気持ちになってしまいます。第1回、第2回会議のときの自分や周りのパン仲間のみなさんの様子を思い起こしても、コクダイパンにはやっぱり、お祭り的な魅力・高揚感が潜んでいる気がしてなりません。

普段は普通の大学職員としていろいろな仕事をしているパン仲間のみなさんが一同に会すると、なぜか不思議な、大きなパワーが生じて、ものすごい盛り上がりが起きるのです。これは魅力にとどまらず、もはや「魔力」と言ってしまってもいいのでは、と感じています。

今年もみなさんとその楽しさや高揚感を分かち合うべく、このblogでもご紹介しているように、(「魔力」にとりつかれた?)実行委員は日々議論を重ねてきています。

過去2回では、「私(たち)が一歩踏み出し、行動する」点に着眼していましたが、第3回コクダイパン会議では、その行動した先に「どんな未来があるのか、どういう未来にしたいのか」ということに重点を置きたいと思っています。


全国各地から集まる、いろんな経験、いろんな考えをお持ちのパン仲間のみなさんと、今年もお会いできることを、心から楽しみにしています。
7月18日・19日に神戸大学で、お待ちしています☆

----
第3回コクダイパン会議実行委員
小野里 拓(東京大学)
| kokudaipann | 実行委員の思い | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.kokudaipan.info/trackback/920288
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ