コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
<< 会議終了後の思い | main | 会議終了後の思い >>
会議終了後の思い

 いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

 ブログ担当の阪大ねーさんです。(^^)

 

 「会議終了後の思い」シリーズもいよいよ大詰め!?

 今回は実行委員ではなく、当日のサポートに当たってくださったサポーターさんたちにコメントをしていただきました!

 当日2日間、スムーズな運営ができたのはサポーターさんたちのご協力があってこそ……!

 みなさんと一緒に参加者としても会議に参加してくださった、サポーターさんたちの声をお聞きください♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【サポーター1】
 今回初めてコクダイパン会議に参加をさせていただきました。
 しかも大阪大学での開催ということで、縁あってサポーターも経験させていただき、大変貴重な機会をいただいたなぁと感謝しているところです。

 

 初めてのことで分からないことだらけの2日間でしたが、サポーターとして活動したことで、実行委員の方々がどんな思いで活動しておられるのかとても身近に感じることができ、充実した2日間を過ごすことが出来ました。

 

 参加をして感じたのが、コクダイパン会議が「自分の経験・想いを発信出来る場」であるこいうことです。
 自分が経験したことや普段自分が考えていることを発信する機会というのは、ありそうで実はなかなかありません。
 しかもそれを初対面の方に伝えようと思うと自分の中で改めて振り返り、考えを整理して、言葉を選ぶ必要があり、時にはその過程で今まで自分自身でも気づいていなかった新しい考えに気づくこともあります。
 そして、それらを発信することで自分の経験や想いが誰かの気付きとなったり、あるいは誰かの経験が自分の何かのきっかけとなったり。
 そんな経験を全国のみなさんと共有でき、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

 日々業務に追われる中でコクダイパン会議への参加を機にふと立ち止まって自分の考えを整理できたことはとてもよかったなぁと思っています。
 まだまだ職員としての経験は浅いですが、いつか自分も誰かの力になれるようなそんな経験談や想いをコクダイパンで話せるように、これまで以上に業務に邁進していきたいと思います。

 

大阪大学 T.Y.

 

【サポーター2】
 みなさん、こんにちは。
 大阪大学の藪下です。

 

 私が初めてコクダイパンに参加したのは、第8回の東北大学のときでした。
 その際、サポーターとして多くの東北大学の方が参加されており、同規模の大学として、このような大きなSDイベントが開催できることに憧れを感じるとともに、「いつか阪大でもコクダイパンができたらいいなぁ」「阪大でコクダイパンをやるなら、自分も何かお手伝いしたいなぁ」という想いを持っていました。
 最近は東日本での開催が続いていましたが、今回は久しぶりの西日本、しかも念願だった大阪大学での開催!ということで、サポーターとして参加させていただきました。

 

 サポーターとして参加することで、会場の事前準備や誘導、本番中の運営など、コクダイパンの裏側に携わることができ、初参加の前回とはまた違う新鮮さがありました。
 一参加者として得た分科会での気付きや、作成した「前向き計画書」と合わせ、今回の経験を今後の職員生活の糧にしていきたいです。

 

 最後となりますが、今回のコクダイパンに参加されたみなさま、また実行委員のみなさま、どうもありがとうございました!
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第10回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第10回コクダイパン会議開催から 40日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:35 | comments(0) | - | - | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ