コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
<< 会議後の思いシリーズ(サポーター:その1) | main | 会議後の思いシリーズ(サポーター:その3) >>
会議後の思いシリーズ(サポーター:その2)
いつもコクダイパン会議スタッフのブログをご覧いただきありがとうございます。
実行委員の工藤(岩手大学)です。
 
今回は、シリーズ企画「会議後の思い」の第6弾。
毎回、実行委員&サポーターの皆さんが、コクダイパン会議の感想やその後の思いについて語る企画です。
 
前回に引き続き、今回もサポーターの皆さんからコメントをいただきました!
それではどうぞ!!
_______________________________
 
ご無沙汰しております。東北大学の田中と申します。
 
仙台も一段と寒くなってまいりましたが、皆様、流行しているインフルエンザにはくれぐれもお気を付けください。本日、私の近くで2名がインフルエンザになりました。Σ(゜∀。)ヒョエー 
 
今回のコクダイパンは初参加でしたが、東北大学で主催するということで、勇気をだして参加しました。採用からたった2年で眼も心も曇って(腐って)しまったような気がして、参加者からプラスの影響を受けたいと思ったのが参加の動機でした。
 
当日は、偉大な先輩職員や全国で悩み・頑張っている職員のお話を伺い、心が温かくなって元気が出ました。「この人みたいになりたい!」という目標もでき、また、様々な人と友好の輪を持てたことを嬉しく思います。
 
 宣誓!ここに、カビの生えたパンにならず、美味しいパンでいることを誓います!
 
(東北大学 田中あずさ) 
_______________________________
 
Guten Morgen!私は東北大学の芳賀佳祐です。おおよそ、総務系の仕事を4年8月やっています。
 
去年は大学から旅費を支給してもらって参加しました。上司からの推薦もあったので「旅費分の成果を還元しないといかんぞ!」と意気込んでいました。参加してみると「還元率」は気にしつつも、他大学の職員と楽しく交流ができ、「なるほど、そういうのもあるのか!」という“気づき”がたくさんありました。自大学内のコミュニティだけでは見つけられないPerspektiveがあるのが、この会の魅力の1つだと思います。
 
今回のコクダイパンは「去年とどういった自分自身の思いの変化があるか」も楽しみで参加しました。1年目や2年目の人たちが感じている悩みやモヤモヤを客観的にみることができたのが収穫でした。私は今年にはいってから直属の後輩ができました。自分の仕事だけではなく、後輩のメンターも果たす必要があります。また、上司‐私‐後輩という意思伝達/命令系統の中で自分はどのような役割が求められるのか、ということも今回、“気づき”としてありました。今年から業務分担が変わって自分がやらなければならない仕事・覚えなければいけない仕事もたくさんあるので更なる業務の効率化を進めつつ、自分の職場での役割をどのように発揮していくかが今後の課題であると感じました。そのために、情報収集と情報分析(informationからintelligenceへ質の変化を行う、など)が必要であると思い、それを実行しようと心がけています。
 
マイクレドでは他に「教養を高める」と「定時退社」とを目標としました。なんとなく、今村仁司、根井雅弘、鷲田清一、吉田類を読んでみたりしています。
 
それより、みなさん、僕のこんな文章を会社で読んでいる暇があったら定時退社して下さいね。エフゲニー・プルシェンコも羽生結弦君に言っていますが、健康第一ですよ!
 
(東北大学 芳賀佳祐) 
_______________________________
 
こんにちは、こんばんは。東北大学の伊藤です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 
さて。第8回コクダイパン会議から早くも1か月。
みなさんは、マイクレド、実行していますか?なりたい「大学職員」、近づいていますか?
一歩でも、半歩でも、歩みを進めていけば、いつかはたどり着くんですよね。たぶん。たぶん。
千里の道も一歩から!(あ、いいこと言った!)
 
などとえらそーなことを書いていますが。
私自身もはっきり言ってほんっとーに小さく小さく歩み始めたかなーと思いたいです。
とここまで書いて、最終的なマイクレド、自分の手元には考えていたときのメモしかないことに今気付きました!あれー?(大丈夫です)
 
閑話休題。
 
思い起こしてみれば、会議当日の朝のテンションの下がりっぷり(!)や、自分のひどい人見知りにもかかわらず、よくもまあ、初対面の方とあそこまで議論をし、協働作業ができたなーと、がんばったなーと思うわけで、コクダイパン会議には、そういう魅力(魔力)が潜んでいるんだと、2回目の参加ながらに思うのです。
 
そして、日頃の後ろ向きな気持ちを、前向きにしてくれる、前向きに考えるきっかけをくれる、そういう面もあります。
 
次はどこで会議が開かれるかはまだわかりませんが、行けるところなら、またコクダイパン会議、行ってみたいなー。
みなさんは、次の会議も参加するんですか?しますよね?ね?
もしかしたら、お会いできるかもしれませんが、そのときはお手柔らかにお願いしますね。(参加できなかったらすみません。)(前フリではありません。)
 
追伸:時節柄、風邪など引かぬよう、お体ご自愛ください。
 
(東北大学 伊藤清明)
 
 
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第8回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第9回コクダイパン会議まで あと??日=

 
| kokudaipann | サポーターズサイド | 18:48 | - | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ