コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
<< 実行委員の思いシリーズ7 | main | 開催地紹介!〜横浜国立大学紹介〜その3 >>
開催地紹介!〜横浜国立大学紹介〜その2
 

こんにちは。横浜国立大学学生支援課の長野です。前回の大学紹介に引き続き、今回は横浜の街紹介をしたいと思います。

横浜の観光スポットといえば、ランドマークタワー、山下公園、中華街…などと枚挙にいとまがありません。こういった場所はテレビや雑誌で何度も何度も紹介されているので、いまさらここで紹介したところで「もう知ってるよ!」という声が多方面から飛んできそうです。そこで、何か違った切り口で横浜を紹介したいと思いました。

さて、横浜といえば何が特徴なのでしょうか?――海がある。人口が多い。横浜駅ではいつでも工事をやっている…坂が多い。そうです、横浜という土地は坂が多く、高低差が至るところ存在するのです。横浜国立大学にしてみても、「常盤台」という住所に表れているようにどのルートからアクセスしても最後には坂道を登ることになります(余談ですが、私は横浜市営地下鉄「三ツ沢上町」駅から毎日20分かけて徒歩通勤しているおかげで社会人になっても体重が増えていません)。横浜に住んでいれば、知らず知らずのうちに上ったり下ったりを繰り返す生活を営むことになるのです。坂道は足腰を鍛えるにはもってこいだし、急な坂道を登り終えた暁には気分が良く、道行く人とハイタッチでもしてみようかなんて気分になります。したことはありませんが。

ただ遠路はるばる横浜までいらっしゃる皆様に「坂道へ行け」というのも気が引けます。とはいえ高低差は体験してもらいたいので、(いささか強引ですが)ラクして高低差を体感できる場所を「みなとみらい」地区に絞っていくつかご紹介したいと思います。

 そもそも「みなとみらい」がどこにあるのか?という方のために行き方だけ軽く説明しておきます。ほとんどの方はおそらく横浜駅周辺のホテルに宿泊すると思いますが、みなとみらいには横浜駅から京浜東北線で一駅の桜木町駅から行きます。改札を抜けて左手の広場に出ると、ランドマークタワーがすぐ目の前にそびえています。そのほかには観覧車も眺められるので、「ああ横浜だな」と実感するのがこの瞬間です。まずはここから出発し、たかい場所から訪れてみましょう。

,燭い場所

・横浜ランドマークタワー スカイガーデン

http://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/page/

 いきなり王道になってしまい申し訳ありません(笑)。しかし、王道には王道であるがゆえの理由があります。まずランドマークタワー69階(地上273m)から眺める360度のパノラマの贅沢さは他に類を見ません。ヨットの帆をした形が印象的なインターコンチネンタルホテル、観覧車、赤レンガ倉庫をまとめて眺め下ろせる場所が他にあるでしょうか。

こんな感じで完璧な眺めです

  

この展望台へは地上2階からのエレベーターが約40秒で結びます。少々味気ないです(しかも耳が痛くなります)が、さっき自分が立っていた地面を見下ろせるので、高低差を簡単に味わえます。ちなみに、この展望台にはカフェラウンジがあるので、カクテルを頼んだうえで「あちらの方に」なんてことも可能です。自分がイケメンの西洋人だと信じて疑わない方は是非試してみてください。

△曚匹曚匹両貊

・大観覧車「コスモロック21」

http://www.senyo.co.jp/cosmo/attraction/001.html

先ほどちらと書いた観覧車ですが、正式名称はこれです。核の部分に時刻が表示されているので、腕時計を見ずとも時間を確認できるニクイ奴でもあります。15分間かけて一周する間に、約112mの高さまで上がります。ぼーっとしているとあっという間に高くなっていき、道を歩く人々がだんだん点のようになっていくなーと思っているとあっという間に頂点です。観覧車の構造上、頂点ではまるでゴンドラが何の支えもなく空中に浮かんでいるような状態に思えます。展望台とは違って意外なスリルを体験できます。

ひくい場所

・臨港パーク

 http://www.pacifico.co.jp/visitor/info/outside.html

 横浜の公園と言えば山下公園ですが、国際会議場「パシフィコ横浜」に隣接する公園、臨港パークも魅力的な公園です。まず何といっても人が少ない。海に面している、敷地が広いなど山下公園に匹敵する公園なのに、みなとみらいを歩くコースから少し外れているためか、穴場のような場所です。夜はインターコンチネンタルホテルやベイブリッジの夜景を望むことができるうえに人がほとんどいないので散歩にうってつけです…ここまで書いて思ったのですが、高低差、全然関係ないですね。この公園、周りを高いビルに囲まれて外の様子が見えない場所なのですが、自分が低い位置にいるのが実感できるのでこれも一種の高低差だと言うことでお許しください。

坂道だとか高低差の話だったのに、結局は観光スポットの話になってしまったような気が大いにしますが、すいません。もしいままでにこれらの場所を知らなかった方も、今度あなたが横浜に行くことを聞いておすすめスポットを語り始める親切な人にはこう言いましょう。「もう知ってるよ!」と。 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--

第7回コクダイパン会議実行委員一同

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--

MAIL:info@kokudaipan.info

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--

=第7回コクダイパン会議まで あと 37 日!=
| kokudaipann | サポーターズサイド | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.kokudaipan.info/trackback/1171802
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ