コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
<< サポーターの思い(2) | main | テーマに込めた思い〜未来のために、ともに今を考え、私たちの明日をつくりだそう〜 >>
サポーターの思い(3)

みなさん、こんにちは。

この度第5回コクダイパン会議サポーターを務めさせていただくこととなりました三重大学の谷口琢哉です。どうぞよろしくお願いいたします。


まずはじめに、先日の台風12号によって被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。また、不幸にもお亡くなりになった方々には衷心よりお悔やみ申し上げます。

 

さて、この度は小職の「サポーターの思い」を本ブログにて掲載していただくことになりました。拙文になりますが、どうぞご容赦ください。


小職が大学職員になってから、つい先日をもって丁度3年が経ちました。もちろん、まだまだ勉強中の身であり、日々分からないことばかりですが、様々な業務を任せていただくことを通して、自身の職場環境について、入職時よりほんの少しだけ広い視野で見つめることができるようになってきました。


思いつくままで申し訳ありませんが、

・自身のこと
  担当業務・SD活動・キャリアプラン
・所属する部局のこと
  業務改善・サービスの向上・学生指導・教職協働
・他部局のこと
  情報共有・業務連携・予算・人事・広報、入試・就職
・所属する大学のこと
  大学が目指す姿・求められる大学像・大学の価値観
・他大学さんのこと
  他大学さんの特色、価値観
・社会情勢のこと
  18歳人口の推移・大学進学者の推移
・文部科学省のこと
  第1期中期目標期間・第2期中期目標期間・各種資格


このように、みなさんにも日々お気づきのこと、日々お考えのこと、きっとたくさんあるかと思います。ところが残念なことに、日常において、そのようなことについて意見交換・議論することは、自大学の親しい職員とお酒の席ですることはあっても、それ以外の方とはなかなかその機会が得られないように思います。つまり本会議は、その「なかなか得られない機会」になるのではないでしょうか?少なくとも小職にとっては、極めて貴重な機会に相違ありません。


「貴重な機会」を、参加者全員で「有意義な会議」に、そして参加者全員にとって「素晴らしい経験」に。サポーターとして自身がお手伝いできることは高が知れておりますが、そのための一助となれることを強く願っています。


それではみなさん、当日お会いできるのを楽しみにしています。
当日は、是非参加者全員が一丸となって頑張りましょう!!

| kokudaipann | サポーターズサイド | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

このページの先頭へ