コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
「名古屋紹介 その3」ファッション・グルメ編
みなさんコクダイパンへようこそ。
第5回コクダイパン会議のサポーターの名古屋大学の小山です。

前回の名古屋紹介 その2で,名古屋大仏を見るぞ!と思って頂けたと
思っております。

さて,名古屋紹介 その3は
ファッション・グルメ編
1.買い物関係
2.食べ物関係
を紹介します。

1.買い物関係
名古屋で買い物をしたいのだったら,名古屋駅や栄がショッピングの周辺です。
また,名古屋近郊にはアウトレットが二つあります。

1−1.名古屋駅周辺
高島屋,名鉄,近鉄等のデパートや,ミッドランドスクエア(名古屋で一番高いビル)が名古屋駅の桜通口の周辺にあります。
また,地下街に行くと様々な店がたくさんあります。
名古屋で一番大きな地下街だと思います。

1−2.栄周辺
栄周辺は,デパートは,丸栄,三越(ラシック),松坂屋があります。
栄にはZARA,GAP,ユニクロ等のファストファッションの店が多くあります。
栄もまた地下街が発達しています。

栄の松坂屋の南側にはナポリピッツァ世界一のチェザリの矢場店があります。
http://www.solopizza.jp/
大須本店はめちゃくちゃ混んでいますが,こちらはそんなに混んでいません。
買い物と関係ないけど,とりあえず紹介しました。

1−3.アウトレット
名古屋周辺には,
ジャズドリーム長島(三重県です)
http://www.31op.com/nagashima/

土岐プレミアムアウトレット(岐阜県です)
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/
があります。
ジャズドリーム長島は,9月21日にスケールアップし,店舗数が240店となり,
国内最多のアウトレットになります。
両方とも,コクダイパンの時期は3連休なのでセールを行っていると思います。

2.食べ物関係
名古屋には味噌煮込みうどん,ひつまぶし,味噌かつといった「名古屋めし」がいろいろとあります。
これを私の独断でこの店と言っていいものか非常に悩みますが,勝手に言いきっちゃいます。

2−1.味噌煮込みうどん
味噌煮込みうどんは,よそから来た人は茹であがってないじゃん!と突っ込みを入れたくなるほど,堅い麺です。
味噌煮込みうどんは土鍋で提供されますが,ふたには穴が開いていません。
名古屋人はこのふたを小皿代わりに使います。土鍋から直接食べると火傷します。
なので,面倒ですが,ふたを小皿代わりにして食べてください。

メジャーなところでは,この2つだと思います。
山本屋本店
http://www.yamamotoyahonten.co.jp/yamamotoya.html
山本屋総本家
http://yamamotoya.co.jp/night/index.html

両方とも山本屋なんですが,別会社です。詳しくはこちらを。
http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-606.html
私も上のブログと同意見で本店の方がおいしいかなぁと思います。

2−2.ひつまぶし
ひつまぶしは,鰻の蒲焼を細かく刻んで,おひつに入れたご飯の上に乗せて出される料理で,そのまま食べる,薬味をつけて食べる,お茶漬けにして食べるの3つの食べ方で食べます。
よそから来た人で名古屋名物を食べたいと言われた時に,他のグルメと比べてちょこっと高級なので,私はひつまぶしを選びます。

メジャーなところでは,この3つだと思います。
あつた蓬莱軒
http://www.houraiken.com/
いば昇
http://www.ibashou.jp/
しら河
http://www.hitsumabushi.jp/pcindex.html

なんとなく格としては,この順番ですが,お値段から考えるとしら河で十分おいしいと思います。
個人的には,
うなぎの太助
http://www.unaginotasuke.com/hitsumabusi.html
が一番好きですが,みなさんには交通の便が悪いのでお勧めは出来ません。
ここのひつまぶしは食べると満腹になります。

2−3.味噌かつ
名古屋の観光案内では,必ずといっていいほど,矢場とんが紹介されますが,私の個人的な意見ですが,お勧めしません。
とんかつ自体があまりおいしくない気がします。
でも有名なので,一応アドレスを載せておきます。
http://www.yabaton.com/

とんかつあさくら
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23003992/
非常においしいですが,名古屋の外れにあります。
とんかつ好きであれば行ってください。


http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23000292/
いわゆる正真正銘の味噌かつです。卵がついているというのが特徴です。
栄のど真ん中にぽつんとあります。
せま〜い店です。

キッチン チコ
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23007014/
名古屋ドームの近くにある名店です。こちらもせま〜い店です。
行くのだったら栄から基幹バス2で萱場(かやば)で降りるか,池下駅から幹線1号清明山経由で清明山(せいめいやま)で降りて行ってください。

2−4.名古屋のソウルフード
先ほどで紹介した食べ物は,非常に有名だと思いますが,他にも名古屋めしはあります。
台湾ラーメン
台湾にはないけど台湾ラーメンという名前の名古屋名物です。
味仙 http://www.misen.ne.jp/ が台湾ラーメン発祥の店です。
ラーメンなのに,小さい丼だなぁと出てきたときに少々落胆するかも知れませんが,食べ終わった時にあのぐらいの大きさで良かったと思うと思います。
激辛です。舌が痛くなります。
味仙以外のお店でも台湾ラーメンは食べられますが,食べたいのであれば味仙に行くことをお勧めします。
味仙でも手羽先は売っていますが,あれはいわゆる名古屋の手羽先とは違います。

あんかけスパゲッティ
http://nagoya.xtone.jp/class/ankakesupa.html
有名なところでは,
スパゲッティハウスヨコイ,からめ亭,ユウゼン,レンガ亭(名古屋の外れです)です。
よその人は好き嫌いが分かれます。食べたことが無い人はあの極太スパゲッティを食べて欲しいです。

どて煮
http://nagoya.xtone.jp/class/doteni.html
多くの居酒屋で食べることができると思うし,どの店で食べても同じような気がします。
私の一番のお勧めは,名大祭(名古屋大学の学祭)のスポンサーでもある
たこ八
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230107/23001843/
ですが,土曜が定休日です。休日が案外適当な気がするので,行くのならばお電話を。

小倉トースト
http://nagoya.xtone.jp/class/oguratosuto.html
名古屋人にとってはなんの違和感もないが,よその人はびっくりする小倉トーストです。
小豆の名産地ではないのに,名古屋は日本一の小豆の消費量だそうです。
喫茶店に行ったらおそらくどこの店でもあると思います。
わざわざ喫茶店に行くまでもないなぁと思っている方は,コンビニで,小倉&マーガリンの
パンを買って食べてください。
今回のコクダイパンのパンの候補となりかけたのに,「パン」と付かないために落選したとのことです。

コメダ
http://www.komeda.co.jp/
最近、関東にも進出しているようですが,名古屋のそこら中にあります。
「シロノワール」というスイーツがあるのですが,甘党の方は是非。
こちらも今回のパン候補になりかけたそうですが,やはり「パン」とつかないために落選したしたとのことです。
 
モーニング
http://nagoya.xtone.jp/class/morning.html
名古屋と言えば喫茶店というイメージがあるみたいですが,私自身は行かないので,どこが豪華なのかはよく分かりません。すいませんです。
コーヒーを頼むと,トーストとゆで卵が出てきます。茶碗蒸しを出す店もあるそうです。

スガキヤ
http://www.sugakico.co.jp/
老若男女問わず名古屋人なら食べたことがあるはず!
積極的にうまい!とは言いません。「名古屋と言えばスガキヤラーメン♪」というコマーシャルがあるくらい名古屋のソウルフードなのです。
もう一度言います。うまい!とは言いません。でも名古屋人は好きなんです。

手羽先
http://nagoya.xtone.jp/class/tebasaki.html
多くの居酒屋で食べることができると思いますが,食べるのだったら下記の店に行った方がいいと思います。

世界の山ちゃん
http://www.yamachan.co.jp/index.html
風来坊 
http://www.furaibou.com/
つばさや
http://www.st-group.co.jp/tubasaya/


2−5.名古屋のおいしいとかを抜きにした有名なお店(ソウルフードではありません)
マウンテン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%AB%E8%8C%B6%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3
甘口抹茶小倉スパ,甘口イチゴスパ等の強烈なメニューがあるお店です。
ゲテモノが大丈夫な人は,是非,「単独登頂」を目指してください。

大丸
http://www.katch.ne.jp/~tec/daimaru/daimaru1.htm
夜中まで盛り上がって飲んじゃったぜ!という人は,チャンスです。
夜中の2時くらいから営業開始の大丸に行っちゃいましょう。
場所は今池です。
うまいかどうかは,何とも言いませんが,はまる人ははまります。
学生時代によく行きました。


名古屋紹介 その3はいかがだったでしょうか?
大丸に行きたくなりましたか?(私の一番のお勧めです。話のネタになります)
是非とも,23日か24日の夜中に今池を徘徊して頂きたいです。
*襲われても私のせいにしないで下さいね。そんな怖いところでは無いですけど。

それではコクダイパン会議でお会いしましょう。

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第5回コクダイパン会議まで あと 16 日!
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第5回コクダイパン会議サポーター
小山 敬史(名古屋大学)
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
| kokudaipann | サポーターズサイド | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
「名古屋紹介 その2」観光スポット編
みなさんコクダイパンへようこそ。
第5回コクダイパン会議のサポーターの名古屋大学の小山です。

前回の「名古屋紹介 その1」で,「おいおい!名古屋大学って広いじゃね〜か」って思って頂けたと思います。
実際に,キャンパスの端から端まで歩くと軽く30分かかってしまいます。
コクダイパン会議の会場は,名古屋大学駅から歩いて微妙に坂を登って,5分はかかります。

さて,名古屋紹介 その2は
観光スポット編
1.モノづくり関係
2.美術館・博物館関係
3.動物園・植物園関係
4.神社・仏閣・城関係
を紹介します。

その前に,まず,名古屋市内を土・日・休日に移動する場合は,ドニチエコきっぷを購入することをお勧めします。
ドニチエコきっぷは600円です。
ドニチエコきっぷは様々な観光名所で割引が受けられます。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/guide/facilities/index.html
名古屋駅から名古屋大学駅まで乗ると片道260円ですので,どこかに寄られる場合はお勧めです。
ちなみに名古屋の地下鉄の初乗りは,200円です。高い!

1.モノづくり関係
名古屋といえば,モノづくりの街です(そう言われています)。
そこで,モノづくりに興味がある方は,

1−1.トヨタテクノミュージアム産業技術記念館
http://www.tcmit.org/
「トヨタグループの源流 この地から」という特別展を行っているそうです。
こちらは,名古屋駅から歩くと25分もかかりますので,バスで行くか名鉄で行ってください。

1−2.ノリタケの森
http://www.noritake.co.jp/mori/
名古屋が誇る世界のノリタケの博物館です。
1の産業技術記念館の近くにあります。とは言ってもこちらは名古屋駅から歩いて15分です。
歩くのが面倒だったら地下鉄東山線の亀島駅から5分です。

1−3.トヨタ博物館
http://www.toyota.co.jp/Museum/data/c04_01.html
トヨタが好き!車が好き!な人は行ってもいいと思います。
ただ,名古屋駅からかなり遠いです。
名古屋駅から地下鉄東山線藤が丘駅まで25分かかり,リニモで8分かかり,徒歩5分です。
しかし,リニモというリニアモーターカーに乗った!という事実を威張ることができるかもしれません。もちろんJRが作っているリニアモーターカーと方式が違うのでのんびり運転ですが・・・

2.美術館・博物館関係
名古屋には,美術館とか博物館とかがいっぱいあります。
その中で紹介したいのは,

2−1.徳川美術館・徳川園
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
ここは,国宝源氏物語絵巻とか尾張徳川家の大名家の収蔵品等がある立派な美術館と立派な日本庭園があります。
ただ,国宝源氏物語絵巻は,コクダイパンの会期中は,東京藝術大学大学美術館で展示されているそうです。(平成23年9月9日〜平成23年9月25日)
ここは,名古屋駅から大分離れていますが,名古屋駅か栄からバスが出ていますのでそれを利用ください。JR大曽根駅(名古屋駅から4駅目)から歩いて10分ですが,大曽根駅から案内図があったかどうか覚えがありません。バスで行った方がいいと思います。

2−2.名古屋市科学館
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/
名古屋市科学館には世界一の大きさとクオリティを誇るプラネタリウムが
あります。
しかし,2011年3月19日に新しいプラネタリウムが開館されたため,メチャクチャ人気があって,現在は朝一に並んで予約券を取らないと見ることが出来ません。
コクダイパンの開催日は3連休のため,おそらく見ることができないと思います。
どうしても見たい人は,その覚悟を持って行ってください。

2−3.明治村
http://www.meijimura.com/
明治時代の建物をいっぱい見たいという人はお勧めです。
名古屋ではなく犬山ですが・・・。
しかし,名古屋駅から犬山駅まで名鉄電車で行って,そこからバスに乗らないといけません。
名古屋からまぁまぁ遠いので,軽く半日がつぶれます。本格的に観光する気で
あればいいと思います。
国宝の犬山城もありますし・・・。

3.動物園・植物園関係
名古屋には,動物園・植物園もいっぱいあります。
その中で紹介したいのは,

3−1.名古屋港水族館
http://www.nagoyaaqua.jp/
世界最大級の大きさの水族館です。
名古屋城は金の鯱があるから,水族館にもシャチだということで,シャチがいたのですが,死亡してしまって,現在はシャチはいません。
入館料は2000円しますが,行く価値はあります。

3−2.東山動植物園
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/index_pc.php
上野動物園,旭山動物園に次ぐ入場者数を誇る日本有数の動物園です。
日本で初めてコアラが展示された動物園ですが,世界のメダカ館が名物です。
共通券で行ける植物園では,白川郷から移築した合掌造りの家があります。
 
3−3.ランの館
http://rannoyakata.net/
愛知県は,ひそかにランの生産が日本一だそうです。
正直に言いますと,私はここに行ったことが無いのですが,栄からほんのちょこっと南に行ったところにあります。
交通の便がいいので,興味がある人はどうぞ。

4.神社・仏閣・城関係
名古屋は,古くから交通の要所だったため,神社・仏閣・城がたくさんあります。
その中で紹介したいのは,

4−1.熱田神宮
http://www.atsutajingu.or.jp/
名古屋のパワースポットです。
ここには,三種の神器のうちの一つである,草薙剣(くさなぎのつるぎ)がまつられている,伊勢の神宮に次ぐ由緒ある大宮です。
ちなみに三種の神器の他の二つは,八咫鏡(やたのかがみ)は伊勢神宮の皇大神宮にあり,八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は皇居に現存すると言われています。

4−2.伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/
ついに名古屋どころか愛知県を飛び越えてしまいましたが,1日観光することが出来るのならば,伊勢神宮はお勧めします。
日本のパワースポットです。
内宮前には,おかげ横丁というショッピングセンターみたいなのがあります。
http://www.okageyokocho.co.jp/
名古屋からは電車で一時間半くらいかかります。

4−3.名古屋城
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
名古屋と言ったら金の鯱,「尾張名古屋は城で持つ」名古屋城です。
名古屋城は徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城ですが,残念ながら戦争で焼け落ちてしまい,現在の城は再建されたものです。
名古屋城では,歴女に大人気の「名古屋おもてなし武将隊」がおもてなしをしてくれます。
http://busho.ncvb.or.jp/

4−4.犬山城
http://inuyama-castle.jp/
姫路城,彦根城,松本城と同じく国宝です。こぢんまりした綺麗なお城です。
犬山には,他に有楽苑という庭園があり,国宝である如庵という茶室があります。
犬山城に行くのならばついでに行ってみては。
http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/nyoan.html
名鉄犬山遊園駅から歩いて行ってください。名古屋から特急で30分です。

4−5.桃巌寺
http://b-spot.seesaa.net/article/98095190.html
ここはB級観光スポットです。
なぜ紹介するかと言うと名古屋大学から本山に行く途中にあるからです。
今は,名古屋大学駅(2003年開業)がありますが,今の30代以上の職員は,本山駅から歩いて通っていたため,たいていの人が知っていると思いますが,20代の職員は,この寺の存在を知らない人が多いかも。

また,名古屋大仏がここにあるのですが,裏手にあるので,30代以上の職員もあまり知らないかも。
なので,名古屋大学の人も,「由緒正しいわけではない大仏」を見に行ってください。
大仏以外にも見るべきスポットがあります。詳しくはリンクを見てください。

名古屋紹介 その2はいかがだったでしょうか?

コクダイパン会議の前日は三連休の初日なので,是非とも前日入りして観光していただけたらと思います。
前日入りはちょっとという人は,是非ともちょっと早く名古屋入りして,名古屋大仏を見学して欲しいと思います。
再度言いますが,「由緒正しいわけではない大仏」です。

それではコクダイパン会議でお会いしましょう。

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第5回コクダイパン会議まで あと 17 日!
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第5回コクダイパン会議サポーター
小山 敬史(名古屋大学)
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
| kokudaipann | サポーターズサイド | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
名古屋紹介 その1(名古屋の主要駅・名古屋大学周辺)

みなさんこんにちは!
第5回コクダイパン会議・サポーターの日比野と申します。
これから「その1」「その2」「その3」に分けて、第5回コクダイパン会議の参加者さま向けに、開催地である名古屋の紹介をさせていただきます。


【各回の概要】
-------------------------------------------------
「名古屋紹介 その1」
名古屋の主要駅・名古屋大学周辺のご案内


「名古屋紹介 その2」
観光スポット編
1.モノづくり関係
2.美術館・博物館関係
3.動物園・植物園関係
4.神社・仏閣・城関係


「名古屋紹介 その3」
ファッション・グルメ編
1.買い物関係
2.食べ物関係
-------------------------------------------------


それでは、「名古屋紹介 その1」にあたる今回は、隙間時間に利用いただけるような、主要駅や名古屋大学周辺のご案内ををしていきたいと思います。


○主要駅・空港


1.名古屋駅:
JR新幹線・在来線、近鉄、名鉄、地下鉄、高速バスのご利用のついでに
名古屋駅には百貨店などのビル群、地下街が広がっていて、屋根続きの範囲で、案内板等の途切れない範囲で、十分過ごしていただけます。
名古屋駅1F案内図
http://www.meieki.com/meieki_1f.php


(1)JR中央コンコース:
上記リンクの図で、中央縦に走るメインの一本道です。
お土産・お弁当の売店のほか、食事や喫茶のお店もあります。
地下に並行する(図で「中央通路」とあるあたりの)道は
ラーメンや名古屋名物の飲食店街になっています。
   
(2)地下街「エスカ」:
上記リンクの図の上部に、入り口が示されています。
新幹線ご利用のついでに便利です。
総合的なお土産店のほかに、お土産・お食事ともに有名店が揃っています。
案内図
http://www.esca-sc.com/esca_allshopmap.pdf


(3)ビル「ルーセントタワー」:
駅から大きく離れますが、地下続きです。
アクセス
http://www.lucent-tower.jp/access/m01.html
「ルーセントアベニュー」は地下の連絡路ですが、一見の価値ありです。
地上は主にオフィスですが、地下の飲食店は名古屋めしが揃っています。
地下案内図
http://www.lucent-tower.jp/shop/b1f.html



2.栄駅:
地下鉄、バスのご利用のついで、二次会・宿泊のついでに
栄駅周辺は名古屋市の繁華街です。百貨店など多くの商業施設、飲食店、近隣にはビジネスホテルも点在します。防火や緑化の機能も果たす「100m道路」の久屋大通も通過しています。


(1)地下街「サカエチカ」:
地下鉄改札と各種施設を結ぶ広々とした地下街です。
案内図
http://210.172.90.210/~jiten/sakaechika/
img/201100518sakaechika_Map_ol.pdf

中心にある「クリスタル広場」は待ち合わせ場所の定番です。


(2)「オアシス21」:
地下街に直結した、下記構造図のような不思議な施設です。
構造図
http://www.sakaepark.co.jp/shisetsu.html
案内図
http://www.sakaepark.co.jp/shop.html
無料で、テレビ塔や栄のビル街を望める空中散歩ができます。また、地下には飲食店のほか、なぜかキャラクターショップが充実しています。


(3)「サンシャイン栄」:
地下鉄出口直結で、ビルの側面に観覧車のある商業施設です。
HP
http://www.sunshine-sakae.jp/index.html
夜は観覧車から、ライトアップされた栄の街並みを一望できます。6階の飲食店には、有名人プロデュースのお店が入り、2階のスタジオは別名「SKE48劇場」と呼ばれ、強運がないと観覧は難しそうですが、ビル内にグッズ売り場もあるとのこと。建物のメインは、名古屋を象徴するものの一つでもあるパチンコ店です。



3.金山駅:
JR東海道線・中央線、名鉄と地下鉄との乗り換えのついでに
JR在来線、名鉄、地下鉄の乗り換えに便利な駅で、名大へも地下鉄一本で辿り着けます。駅構内には、(名古屋駅と違って)座席数の多いファーストフード店が数店揃っています。駅の北口から続く「アスナル金山」というショッピングモールもありますが旅行者向けにはなっていないかなと思います。
http://www.asunal.jp/shop/category.html
お土産探しは、玄関口である空港内か名古屋駅がよさそうです。


*宿泊先は、以上の3つのエリアが便利です。


4.空の移動のついでに
中部国際空港(セントレア):
http://www.centrair.jp/index.html
県営名古屋空港:
http://www.nagoya-airport-bldg.co.jp/


中部国際空港(セントレア)には、日本の空港初の展望風呂があります。飛行機を眺めながらお風呂に浸かれますよ。県営空港の方は、私はまだ足を踏み入れたことがありません・・・


○名古屋大学内・周辺
東山キャンパスマップ
http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/
access-map/higashiyama/

名古屋大学東山キャンパスは南北に県道が走り、キャンパス内に市営地下鉄「名古屋大学」駅のあるアクセスに便利な開かれたキャンパスです。※門というものがありません。


1.名古屋大学生活協同組合(お土産、お食事)
お土産におすすめな名大グッズ
http://www.nucoop.jp/logo/index.html
店舗案内
http://www.nucoop.jp/shop/list.html#01
コクダイパンの会場に近いのは「理系地区」、懇親会会場として利用させていただくのは「南部地区」、品揃えが最も多いのは「北部地区」でしょうか。
今年の9月23日〜25日では、24日(土)のみ、理系地区・北部地区の店舗が正午前後の数時間、開いています。営業日・営業時間にご注意ください。


2.コンビニ
キャンパス内にあるコンビニは、マップB4の区域にあるファミリーマート、キャンパス外ですと、マップ中央の県道の「至八事」の先にローソンがありますが、どちらもコクダイパンの会場からは離れています。お時間に限りのある方は、移動中にお買い物を済まされるか、飲食店や生協、自動販売機等の利用をお願いいたします。


3.公開施設
(1)中央図書館:マップB3区域
学外の方でもカウンターにて手続きの上ご利用いただけます。
(ただし座席の利用のみを目的とした入館は不可)
100万冊もの所蔵資料のほとんどを手に取って自由に見ることができますので、お時間がありましたらぜひお立ち寄りください。土日祝日の開館時間は8:45-17:00です。また、入り口にはスターバックスコーヒーが入っています。


(2)博物館:マップD4区域
http://www.num.nagoya-u.ac.jp/index.html
無料で利用できる博物館で、土曜日も10時から開いています。野外観察園もあり、マップB5区域にあります。常設展も見ごたえがありますが、コクダイパン期間中は企画展も開催中です。
http://www.num.nagoya-u.ac.jp/event/special/
2011/110913/index.html


(3)2008年ノーベル物理学賞・化学賞展示室:マップC2区域
http://www.nagoya-u.ac.jp/international/
comm-cen-inst/2008nobel/

「本学卒業生の益川敏英博士と小林誠博士が2008年ノーベル物理学賞を、また本学元助教授の下村脩博士が2008年ノーベル化学賞を受賞されたことを記念して開設」ノーベル賞メダルの公式レプリカの展示や、研究内容のパネルなどがあります。こちらももちろん利用は無料、土曜日は10時から開いています。(祝日は閉館)


(4)ケミストリーギャラリー:マップD2区域
http://www.rcms.nagoya-u.ac.jp/Intro/GalleryJ.shtml
こちらは2001年にノーベル化学賞を受賞された、野依良治特別教授の紹介スペースとなっています。平日の開館で、土曜日の利用には事前連絡が必要のようです。こちらはコクダイパン会場の目の前の建物です。


(5)赤記念研究館:マップB2区域
http://www.sangaku.nagoya-u.ac.jp/v1/
bumon-shisetsu.html

青色発光ダイオード開発の業績で知られる赤勇特別教授の研究業績を紹介する展示室を有します。平日のみの開館です。
名古屋大学の象徴的な建物である「豊田講堂」の時計は、暗くなるとこの青色発光ダイオードで光ります。懇親会のお帰りの際など、ぜひチェックしてください。
合わせて紹介しますと、豊田講堂は、建築家槇文彦の初期の作品で、平成23年7月25日付けで、1960年時点におけるモダニズム建築の1つの到達点を示すものとして登録有形文化財(建築物)として登録されました。


(6)木々
名古屋大学東山キャンパスは緑を豊かに残しています。県道を挟んで附属中央図書館と豊田講堂を結ぶ区域をグリーンベルトと言います。地域の方の散歩道としても日々利用していただいています。また、コクダイパンの会場となる野依記念学術交流館の周囲の森(林?)では鳥のさえずりが聞こえたり、カブトムシがとれたりと新しい建物の目立つ区域とはまた別の名古屋大学の側面をご覧いただけます。


東海地方は、大学の密集度は全国的に見てもかなり高いほうだと思いますので、近隣の大学へのアクセスも比較的容易にしていただけます。名古屋大学東山キャンパスの紹介ばかりしてしまいましたが、お時間の許す方は、この地方の大学めぐりをされるのも楽しいかもしれません。



あまり面白い紹介ができず恐縮ですが、みなさんが名古屋で少しでもよい時間を過ごせますように。第5回コクダイパン会議当日、無事にみなさんが到着され、お会いでき、お話しできますことを楽しみにしております!


名古屋やその周辺について、もっと知りたいことがあるという方はコメントなどいただければ反応していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第5回コクダイパン会議まで あと 18 日!
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第5回コクダイパン会議サポーター
日比野 真奈(名古屋大学)
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--

| kokudaipann | サポーターズサイド | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

このページの先頭へ