コクダイパン会議スタッフのBlog

コクダイパンよ大志を抱け!
第11回コクダイパン会議報告書完成!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ブログ担当のせきぐちです。

 

もう12月ですね。年度末に向けてだんだん忙しくなってくる頃だと思いますが、体調に気をつけて乗り切っていきましょう!

 

さて、大変長らくお待たせいたしました。第11回コクダイパン会議の報告書が完成いたしました!

報告書は参加者のみなさまへお知らせしているほか、公式Webサイトでも掲載しております。

当日のことを振り返りながら、ぜひご覧ください♪

報告書作成にあたりご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
=第12回コクダイパン会議開催まであと ??日=

| kokudaipann | 事務連絡 | 21:19 | comments(0) | - | - | -
会議後の思いズ能回

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

コクダイパン会議実行委員会のせきぐちです。

 

会議後の思い、いよいよ最終回となります!

最後は会場校委員のお二人に締めていただきたいと思います!

それではどうぞ♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【つかはら】
筑波大学のつかはらです。今回筑波大学で開催することになり、主に懇親会や会計担当の実行委員をやらせていただきました。
さて会議後の思いですが、他の実行委員の方々もたくさん書かれていますので、自分の趣味について書きたいと思います。
私はお酒を飲むことが好きです。家でも、もちろん居酒屋やバーに行くのも好きです。
最近はまっているのがいわゆる大衆居酒屋のようなところで、そこでもつ焼きを食べて瓶ビールを飲んで一服するのが最高のひと時です。
特におすすめは東京一混雑すると言われている形成立石の某もつ焼き屋です。平日14時に行くと60を超えた酒場の先輩方が30〜40人は並んでいるほどの人気店です。隣の人と肩がつくような狭さなので、自然と見知らぬ隣の人、そのまた隣の人とも会話が弾んでいきます。
会話の内容は、定年退職前の仕事の話や競馬の話、おすすめの飲み屋の話など様々ですが、その中でも一番心に残っているのが、60過ぎのおじさんが教えてくれた、“いい酒場はそこに来る客が酒場自体をよくする”という言葉でした。うまい料理や酒を出していても必ずしもいい酒場にはなれず、重要なのはそこに来る客の一人一人が、酒場のルールやマナーを守り、楽しんで満足して帰るということ、と教わりました。
 
今回のコクダイパンも同じで、実行委員の企画や運営は非常に大切でしたが、参加者の方々の積極的な意見交換や楽しもうという姿勢があったから、充実したものになったと思っています。今回参加していただいた方の中でまた次回も参加したいと思ってくれる人がいれば、コクダイパンを運営側としてサポートできて本当によかったと思っています。

 

 


【おおはし】
このシリーズのトリを努めさせていただきます、実行委員長のおおはしです!


まずは、5月に企画ミーティングをしてから半年間、開催までご協力いただいた方にこの場を借りてお礼を申し上げます。実行委員をはじめ、開催校の幹事・サポーターの皆さん、会場の提供にご尽力いただいた筑波大学職員の皆様、当日お話いただいた講演者の方、写真を提供してくれた協力者の方など、たくさんの方の支えにより今回のコクダイパン会が開催できたのだと感じております。本当にありがとうございました。

 

私がもともとコクダイパンに参加し始めたのは、変革を求められている大学という組織の職員として「何か行動しなければいけない」という衝動に駆られたためです。私は第8回、第10回コクダイパン会議に参加しましたが、大学職員としての仕事に向き合い、同じ悩みを持つ方々との交流・議論は、日々の業務では得られない貴重な"学びの場"となりました。職員となって4年目となる今回、ぜひその場を筑波大学でできればと考え、実行委員として参画させていただきました。皆様にとって、何か1つでも得るものがあった会となったのならうれしい限りです!

 

実行委員としての活動は楽しかったこと、困難だったことたくさんありますが、ひとえにこのメンバーで出来たことを嬉しく思います。大阪教育大学に集まり、テーマを決めるため2日間に渡り議論したことや、LINE多人数通話での打ち合わせが少し懐かしい。。。(笑)私は抜けている性格&楽観主義のため引き起こす問題によりご迷惑をおかけすることが多々あり、名ばかり委員長で申し訳ないですが、いつも一生懸命に活動していただけるメンバーがとても頼もしかったです。

 

今回、開催校の実行委員として、また実行委員長として活動する中で、人が支えてくれる力を強く感じました。私見ですが、これからの大学はお互いが競争相手であると同時に、その職員同士は助け合うチームでもあると考えております。全国各地から参画した実行委員や、100名を超える参加者の皆様の協力の元、本会を開催できました。これは異なる大学の職員でも一緒になって大きなものを作れるという証左ではないでしょうか。本会をきっかけに異なる大学の職員同士がチームとして支え合う力を発揮し、自身の大学、ひいては日本の国立大学を盛り上げる一助となれば幸いです。

ちょっと未熟(未発酵?)のパンである私には大それた話になってしまいましたが、今回のコクダイパンのつながりが皆様にとってよいものとなることを願って結びのご挨拶とさせていただきます。
これからも皆様とお会いできる日を楽しみにしております!どうもありがとうございました!

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から51日!=

| kokudaipann | 実行委員の思い | 17:53 | comments(0) | - | - | -
会議後の思い

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

コクダイパン会議実行委員会のせきぐちです。

 

先月から連載を続けてきた会議後の思いシリーズも、早いもので第4回となりました。

今回は分科会靴鮹甘した3名です!

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【さかい】

京都大学のさかいです。いつのまにやら会議から1ヶ月以上が経ったことに驚きを隠せません・・・!社会人になってからというもの、時間の流れがとてもはやく感じられます。

 

まずはコクダイパン会議でご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました!私は今回、企画担当としては分科会靴坊箸錣蝓当日は写真担当としてみなさんの様子を撮影させていただきました。カメラ越しにみなさんの生き生きとした表情を見ながら、普段は全国のそれぞれの場所で働き、生活しているパン仲間が一堂に会するというのは、なんて貴重な機会なんだろうと改めて実感した第11回コクダイパン会議でした。

 

他の実行委員のみなさんが書かれていることも重なりますが、私も実行委員として活動した半年間はとても濃く、充実した時間でした。報告書の取りまとめをしながら、実行委員のみなさんが作成された原稿を読んで、あんなことあったなぁ、こんなことあったなぁと懐かしく思い出しています。(報告書は12月上旬発信を目指して現在鋭意作成中です。お楽しみに!)

 

社会人2年目の私は、まだまだ経験も浅く、未熟なところばかりですが、コクダイパン会議を通じて、たくさんのパン仲間とご縁ができ、より前向きに、向上心を持って仕事に向き合えるようになりました。また、特にこの半年間一緒に実行委員として活動させていただいた先輩方からは、たくさん刺激を受け、自分も追いつきたい、追いつくんだ!と、密かに燃えていました。まだまだ先輩方の背中は遠いですが。。。

 

今回のコクダイパン会議でご一緒したみなさんにとっても、コクダイパン会議への参加が何かしらのプラスになっていれば、こんなに嬉しいことはありません。

またみなさまとお会いできる機会が待ち遠しいです。そのときには今より少しでも成長した自分でいられるよう、日々精進していきたいと思います。

 

---
 

【はっとり】

名古屋工業大学のはっとりです。情報を専門とする技術系職員というコクダイパン的にはやや異色の存在で、そんな人が実行委員をやるのも最初で最後かもしれません←

 

映画を見終わった直後のように、まだ現実にうまく戻れてない心境ですが、自分にとって実行委員として活動したこの半年間はとても刺激的で意味のあるものでした。一般的にトップダウンで仕事を進めるのはさほど難しくないのですが、そうした強い力がないのにもかかわらず、パズルのピースがどんどんはまっていく様子は、もはや魔法でした。そして、残されたピースを一生懸命はめてくれたのは他ならぬ108人の参加者の皆さんです。

 

こうした取り組みを「意味がない」とか「役に立たない」とか「自己満足」だと人は言うかもしれません。確かにコクダイパン会議で得た多くのことは、往々にして半年も経たずに忘れてしまうものです。しかし、一つ一つのピースがなんであったかは忘れたとしても、あの時にみんなの力で真剣に完成させたパズルの絵の美しさは意外と心に残っているもので、その価値が評価されるのも今よりちょっと未来のお話です。

 

---

 

【ほりうち】

お茶の水女子大学のほりうちです。会議から1か月以上経ちましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

この「会議後の思いシリーズ」も後半になってきますと、皆さんへの感謝の気持ちというのは、もう既に他の実行委員が代弁してくださっているので、ここで新たに何を書けばよいのか、中々筆が進みません(キーボードですけどね)。皆さんが、コクダイパン楽しかったな、と一瞬でも思っていただけたら、実行委員として冥利に尽きます。

 

私は、実行委員の中では、主に会全体の企画立案、分科会靴凌聞塒徇虜鄒、そして懇親会を担当いたしました。企画内容をどうするか、夜遅くまでLINEのグループ通話で延々と議論したことは今では良い思い出です。実行委員とは様々なツールで頻繁にやり取りをしていましたので、地域がバラバラであるにも関わらず、何となく常に自分の近くにいてくれるような感覚があります。その感覚は、実行委員のお仕事が終わっても、続くことでしょう。

 

文教ニュースや新聞、学内の会議資料等で、コクダイパンで知り合いになれた方の大学名を目にしますと、その方の顔を思い出しながら「〇〇さん、ここで頑張っているのかな、この取り組みには関わっているのかな」と一気に親近感を感じます。知り合いが1人できるだけで、私にとってその大学は、ただの他大学ではなく、「〇〇さんの大学」になります。

 

今後も国立大学は大学間で競争しなければならない状況が続きますが、競争相手としての他大学、「財務分析上のBグループの大学」だとか「重点支援グループの大学」などと捉えるよりも、コクダイパンで知り合った「〇〇さんの大学」と考えた方が、国立大学全体で様々な課題に取り組む糸口も見つかりやすいのではないでしょうか。

 

そうした意味で、温かい繋がりをたくさん生み出してくれるコクダイパンは、いずれ国立大学の危機を乗り越えることの一翼を担うかもしれません。是非これからも続いていってほしいと願います。

 

蓋を開けてみると、最後は話が飛躍して、甘っちょろく青臭い理想論に行き着いてしまいました。けれども、まだふわふわなパンですし、理想は持ってしかるべきでしょう。今言わずしていつ言うか!ということで、この場をお借りして書かせていただきます。

また皆さんにどこかでお会いできることを、心から楽しみにしております。

 

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から46日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 10:22 | comments(0) | - | - | -
会議後の思い

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

コクダイパン会議実行委員会のせきぐちです。

 

会議後の思いシリーズ第3回は、事前準備から当日の運営まで幅広く協力してくださったサポーターさんにコメントをいただきました!サポーターさんの多大なるご協力のおかげで当日スムーズな運営をすることができました。本当にありがとうございました!

それでは、サポーターさんの思いをお聞きください♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【すずきさん】

こんにちは、筑波大学のすずきです。コクダイパンへの参加は初めてだったのですが、普段、他機関の方と関わる機会がほとんどないこともあり、他の人はどんな仕事をしているのか知りたいな、という軽い気持ちで参加させていただきました。

2日間、仕事をする場所は違えど同じ若手の大学職員という新鮮な環境の中、組織や仕事を変えていこうと奮闘した方のお話を伺ったり、現在の仕事に対して私と同じもやもやを抱えている方と話し合ったりして、職員生活を送るうえでとてもよい刺激になりました。

今回私は会場予約等をお手伝いしたのですが、普段仕事をしているエリアであるにもかかわらず、教室のことや備品のことなど、よく分かっていない部分も多く、勉強にもなりました。他大学から参加の方が、筑波大学の雰囲気も楽しんでいただけたのであれば、職員としてこれ以上の喜びはありません。

コクダイパンを終えて、自分の理想の働き方を求めて、気持ちを新たに日々の業務を頑張りはじめたところです。皆さまとは、またどこかでお会いできたらうれしいです。ありがとうございました!


 

 

【そやさん】

コクダイパンへの参加は今回で2回目となりますが、今年は筑波大学での開催ということで、サポーターとして参加させていただくこととなりました。事前準備〜当日のお手伝いをさせていただきましたが、コクダイパン会議がより良いものになるよう時間をかけて実行委員の皆さんが準備をされてきたということをひしひしと感じ、一参加者として有難く思うのと同時に、実行委員の皆さんの熱い思いでコクダイパン会議が成り立っているのだなぁと思いました。微力ながら運営に携わることができたことは良い経験となりました。

 

また、今回はサポーターのほかにも、分科会兇波表者を務めさせていただきました。正直、2年目職員の私に務まるだろうか…と不安でしたが、当日はブースに来ていただいた方から様々なご意見をいただくことができ、発表を通して課題へ取り組むモチベーションが一段と上がりました。貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

 

ただ業務をこなすという日々になりがちな現在、今回のコクダイパンで「理想の働き方」についてじっくり考えることで、働くにあたって自分の中で大切にしていきたい行動指針を設定あるいは再確認することができました。コクダイパン会議を経て得た気づきを心に留め置き、今後の業務にあたっていきたいと思います。

 

最後に、今回コクダイパン会議に参加された皆さま、実行委員の皆さま、サポーターの皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から42日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 12:12 | comments(0) | - | - | -
会議後の思い

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

コクダイパン会議実行委員会のせきぐちです。

 

会議後の思いシリーズ第2回をお届けします。

今回は分科会兇鮹甘したお二人です!

 

また、最後に参加者の皆さまにアンケートに関するお知らせがありますので、そちらも併せてご覧ください。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【きむら】

 大阪教育大学のきむらです。会議から3週間ほど経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

 私は今回、分科会IIの企画に関わらせていただきました。今回初めての試みとしてブース形式での実施となりました。たくさんの参加者の方にご協力いただき、至らない点はあったものの無事に終了して何よりです。発表者の皆さま、ありがとうございました。

 

 あれよあれよと会議が終わり、毎日の業務に戻ってみると、夢からさめたように感じます。良い意味でも悪い意味でも、です。

 全国からたくさんのパンの方が集まって、自分の理想や未来について語り合うというのは本当にすごいことだと思います。不満やもどかしさを原動力に、可能性を広げようとする人たちがこんなにもいるんだと感動しました。実行委員やサポーターに対する労いや優しさはもちろんうれしく、それ以上に参加者同士が笑い合う、語り合う姿を見て、頑張って準備して良かったと心から安堵しました。

 参加者として1回、実行委員として2回、この会議に関わって、自分は大きく変わることができたのかは自信はありません。でも、この会議で得た気づきや感じた想いはこれからの原動力であり、何より参加者の皆さまとの出会いは大切な財産です。これからも末永くこのご縁が続いていくことを願います。

 

 改めまして、参加していただいた皆さま、実行委員、サポーターの皆さま、開催にあたりご尽力いただいた皆さま、心より感謝申し上げます。またお会いできる日を楽しみにしております( ˘ω˘ )


 

【せきぐち】

 あらためまして、皆さまこんにちは。富山大学のせきぐちです。
 朝晩の冷え込みがますます厳しくなってきましたね〜。最近は布団から出るのがツラいです。

 皆さま、第11回コクダイパン会議はいかがでしたでしょうか。実は私、当日のFacebook実況も担当していたのですが、議論に熱中するあまり実況を忘れるという大失態をしてしまいました…この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m 
 それだけ楽しかったということで、皆さまにも当日を楽しんでもらえたならば、実行委員としてとても嬉しく思います。

 今年も準備から当日まであっという間に過ぎてしまって、この記事を書きながらようやく今年のコクダイパン会議が終わったんだということを実感できています。素晴らしいメンバーと一緒に一つのものを創りあげたこの半年間は、たくさんの楽しさとわくわく感に溢れていて、何物にも代え難い幸せな経験でした。

 私にとって大学とは、いろんな可能性が詰まった場です。そこで働く私たち大学職員もまた然り(と信じています)。そして、コクダイパン会議はそんな「大学職員の可能性」を強く実感できる場だと思っています。
 全国にはこんなにステキな人たちがいるのだと、今年も新たな驚きと感動がありました。皆さんとの出会いや議論、実行委員会の活動を通して、一般職員“だから”できないことはたくさんあるけれど、一般職員“だからこそ”できることもあるんだということに気づくことができました。
…他にもいろんな気づきや感動がありますが、書ききれないのでやめておきます(笑)
 またどこかでお会いしたときに、皆さんが得た気づきや理想の働き方PLANの進み具合などについてお話しさせていただけると嬉しいです。

 今までコクダイパン会議に携わってこられたすべての方々に感謝を込めて。
 またでお会いできる日を楽しみにしています!
 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

=================================

【参加者の皆さまへ】

第11回コクダイパン会議アンケートの締切について

 

当日皆さまにご回答をお願いしましたアンケートですが、

あさって11月3日(金)をもって回答を締め切らせていただきたいと思います。

 

ご回答がまだの方は、ぜひご協力いただけますと幸いです。

アンケートのURLは、第11回コクダイパン会議参加者の皆さまにメールにてお送りしておりますので、ご確認願います。

 

なお、既にご回答いただいた皆さま、ご協力ありがとうございました!

アンケート結果は報告書にてご報告いたしますので楽しみにお待ちください。

 

==================================

 


--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
第11回コクダイパン会議実行委員一同
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
MAIL:info@kokudaipan.info
Twitter:http://twitter.com/kokudaipan
Facebook:http://www.facebook.com/kokudaipan
--+-----+-----+-----+-----+-----+-----+--
= 第11回コクダイパン会議から24日=

 

| kokudaipann | 実行委員の思い | 20:35 | comments(0) | - | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ